[Orion] Webコンソールへの初回アクセス時の反応が遅い

※注意※ここに記載の内容は、以下の外部サイト情報を参考にしています。SolawWindsの公式情報ではありません。

IIS オート スタート設定による ASP.NET Web アプリケーションの初回実行時のパフォーマンス向上 – THE TRUTH IS OUT THERE
How to auto start and keep an ASP.NET core web application running on IIS – taithienbo

※内容を理解した上で、自己責任において実施有無を判断してください。

[設定方法]

1. サーバの役割と機能追加 > IIS > Webサーバ > アプリケーション開発 > Application Initialization をインストールする

2. IISマネージャ > 対象のアプリケーションプール (SolarWinds Orion Application Pool) > 詳細設定 > (全般)内の、"開始モード"を [AlwaysRunning] に変更

3. 同じく、プロセスモデル内の、"アイドル状態のタイムアウト"を [0] に変更

4. IISマネージャ > サイト > 該当のサイト (SolarWinds NetPerfMon) > 詳細設定 > (全般)内の、"有効化されたプリロード"を [True] に変更。

5. 全Orionサービスを再起動

テスト環境でのメモ:
・数時間経過後のアクセスにおいて、確かに反応が速くなっているように見える。
・副作用は特に確認できておらず、Webコンソールへのアクセス、表示コンテンツ、共に正常。
・上記リンクの各記事、及びその設定内容から、恐らくは通常時のリソース消費がやや増えると思われる。