「監視」では不十分、複雑化するIT運用に求められる「オブザーバビリティ」とは ? と題してウェビナー開催しました。

2023年9月7日に以下の内容にてウェビナーを開催しました。

■複雑化するIT環境
デジタル化が進む昨今、クラウドの普及やオンプレミスと併用したハイブリッドクラウド、アプリケーションやデバイスの多様化など、IT環境は複雑化の一途を辿っています。
企業規模が大きいほどその複雑性はさらに増し、システムの管理業務にはより大きな負担がかかります。

■障害発生時の原因特定ができず、対応が遅れてしまう
複雑化するIT環境では、障害発生時の原因特定が困難です。
障害対応が遅れるとシステムの停止時間が長引いてしまい、業務への大きな影響を及ぼし、企業にとって重大な損失となります。

■サイロ化した運用の限界
障害の原因特定が難しい主な要因は、サイロ化した運用にあります。
ITシステムを構成する各インフラは複雑に関連しあっているため、たとえばネットワークとアプリケーション、クラウドとオンプレミス、障害監視と性能監視など、それぞれ別個に監視していると、根本原因を特定できません。
障害対応を迅速に行うには、サイロ化した運用からの脱却が必要です。

■複雑化するIT運用に求められる「オブザーバビリティ」を備えた統合監視
本セミナーでは、ハイブリッドクラウドなどにより複雑化したIT環境に求められる「オブザーバビリティ」について解説するとともに、その機能を備えた統合監視ソリューション「Hybrid Cloud Observability」をデモを交えながらご紹介します。
「オブザーバビリティ」とは、これまでの「監視」とは異なる、複雑化したITシステムの問題に対処するためのアプローチを表現した用語です。
複雑なITシステムの管理にお悩みの方はぜひご参加ください。

<こんな方におすすめ>
・製造業、流通業、金融業等のエンタープライズ企業のIT管理者
・クラウド、オンプレミスの両方を管理しなければならないIT管理者
・ネットワーク管理者、サーバーアプリケーション管理者

資料をご希望の方は以下に登録いただければダウンロード可能です。

https://majisemi.com/e/c/solarwinds-20230907

また、弊社ハイブリッドクラウドオブザーバビリティにご興味ある方はこちらへどうぞ。

https://www.solarwinds.com/ja/hybrid-cloud-observability

お気軽にお問合せください。>>  japan.sales@solarwinds.com

SolarWinds Japan K.K.