1 2 Previous Next

Japan

27 posts

初めまして、ソーラーウインズの小宮と申します。

ソーラーウインズという名前をご存じでない方、もしご存じであってもネットワーク関連の監視ソフトウェアのみの方もいらっしゃると思います。

ソーラーウインズはシステム全般(ネットワーク、サーバ、ストレージ、仮想化、その他アプリケーションなど)を監視可能な製品が揃っております。

今回はその中でも仮想化の管理・監視が可能なVirtualization Manager(略してVMan)をご紹介いたします。

 

  • VManはどのようなソフトウェアなのか?
  1. ハイパーバイザーおよび仮想マシンのパフォーマンスおよびシステムの稼働状況をモニタリング
  2. システムに影響を与えるような事象が発生した場合、問題を検出・診断し、早急に対応するための情報を可視化

 

Sprawl01.png 

Virtualization Manageの表示画面

 

sprawl02.png

VManにて仮想マシン状態を表示

 

  • VManを導入するが何が良いのか?
  1. マルチベンダ対応(VMware ESXi/ Microsoft Hyper-V)
  2. 将来予測、障害早期検知、容量ボトルネックのトラブルシューティングをダッシュボードで可視化
  3. VMware ESXi / Hyper-V の統合的なキャパシティプランニング
  4. サーバおよびアプリケーションの監視可能な【Server & Application Monitor(SAM)(※1)】とネットワークの監視可能な【Network Performance Monitor(NPM)(※2)】との統合により物理および仮想環境含めた統合的な監視環境の提供が可能
  5. 無秩序に作成された仮想マシン乱立した仮想インフラの管理
  6. パフォーマンスモニタリング
  7. チャージバック、ショーバックの自動化
  8. 仮想化設定の管理


もちろん仮想化ソフトウェアの中で同様なソフトウェアを提供していることもありますが、ソーラーウインズは物理および仮想環境の統合的な管理および監視を行うソリューションをご提供いたします。

今回は5の無秩序になっている仮想環境の管理について、VManが提供する機能をご紹介いたします。

 

  • 無秩序に作成された仮想マシンのインフラの管理

必要な時に潤沢なリソースが自由に使える、プライベートクラウド……。

そのような話は夢にしかすぎません。社内で仮想化されたリソースプールを持つと、企業のユーザー部門、特にシステム開発部門は、仮想化環境の管理者にリソースの使用要求を「気軽に」出してくるようになります。

次々と来る要求に対して、ユーザーの要求に答えていくと仮想マシンが増えていることはありませんか?

作成した仮想マシンが有効的にリソースが使われているかどうかわからず、もしかするとゾンビ化した仮想マシンが存在しているかもしれず、そのような仮想マシンの存在を知らずに無駄にリソースを存在しているかもしれません。

  sprawl03.png

仮想マシンを作成依頼を受けていった結果・・・

 

sprawl04.png 

使えきれず過剰なリソースを与えたり、使われていない仮想マシンいたりする・・・

  1. 過剰にCPU/メモリリソースを割与えられた仮想マシン
  2. 起動したままIdle(待機)状態の仮想マシン
  3. 起動もされず放置されている仮想マシン
  4. バックアップ用にスナップショットはとっているけれども知らない間に容量が逼迫

いつのまにかこんな状況になっているものが数多く存在しているかもしれません。

このような状態のままでは、キャパシティ・プラニングも適切にできず、ひいては過剰な設備投資を引き起こしかねません。

 

■今ある仮想マシンの適切なプロセッサー・メモリー割り当て量を提示!

VManの仮想化スプロール機能は、その名の通り、無秩序に広がる仮想化サーバー群を掌握し、効率的に管理するための機能です。たとえば……

  1. 各仮想マシン使用率に対し、適切なCPU数、メモリー量を提案し、その場で変更管理
  2. XX日間Idle状態の仮想マシンは、電源オフ
  3. XX日以上利用していない仮想マシンは、その場で削除

こんなことが、SolarWindsのWebコンソール経由で実行できます。(30日の仮想マシン未起動,一週間の仮想マシン待機状態)

 

  sprawl05.png

vCenter, SystemCenterと連携して仮想マシンの状態を変更および削除が可能

運用者は自らログなどを確認することもなく、VManで自動的にデータを蓄積し仮想マシンの状態確認(ヘルスチェック)を行います。こちらの機能に関してはVManを購入することで標準的に利用可能な機能となっております。この機能を利用することにより、システム増強前に現状のリソースを確認してはいかがでしょうか?

弊社ホームページ(http://www.solarwinds.com/jp/)より30日無償版がダウンロード可能です。気軽にお試し下さい。

 

(※1)ソーラーウインズが提供するサーバおよびアプリケーションを監視するソフトウェア

(※2)ソーラーウインズが提供するネットワークトラフィックおよびネットワークノードを監視するソフトウェア

ソーラーウインズの製品紹介リーフレットの掲載を開始しました。

「システム管理ツールというけど、具体的に何ができるの?」というご質問にお答えするため、課題とソリューションによりフォーカスした内容となっております。

 

とはいえ、いまご紹介できている資料は、20種類以上ある製品のごく一部、限られた機能だけです。 まだお伝えできていない弊社製品の魅力は、たくさんあります。

これからも資料をどんどん増やし、またブラッシュアップしていきますので、ご期待ください!

 

また、「こんなことはできないの?」というご質問は、Thwack技術コミュニティの質問フォームからいただければ、タイムリーにご回答いたします。ご活用ください。

 

 

ソーラーウインズ 機能紹介 総合版

https://thwack.solarwinds.com/docs/DOC-177781

 

弊社とはまっったく無関係ですが、下記のblog記事がなにかと役立ちそうでしたのでご紹介

 

『PHP Archive』

海外の技術系掲示板に英語で質問する際の文例・定型文

 

http://php-archive.net/php/asking-questions/

 

このThwackコミュニティも、がんばって日本語でのQAにつとめていますが、 本家Thwackは膨大な数、様々なジャンルに精通したメンバーやSolarWinds開発者らが参加しています。

英語圏で直接QAをしてみたいかた、お役立て下さい。

2015年4月23日 16:00発表 プレスリリースをお届けします。

PDF版プレスリリースは、下記からダウンロードしてください。

http://prtimes.jp/a/?f=d13542-20150422-1624.pdf


【プレスリリース 概要】


ソーラーウインズ・ジャパン株式会社は、 日本企業のITシステム管理部門を対象としたシステム管理ツール『AppStack』の販売を開始しました。 業務アプリケーションのパフォーマンス劣化の原因究明・切り分け作業を迅速化し、 ITのトラブルによるビジネスの生産性低下を防ぎます。



【プレスリリース 本文】


システム管理ソフトウェアで業界をリードするSolarWinds(本社:米国テキサス州、 プレジデント兼CEO:ケヴィン・トンプソン)の日本法人、 ソーラーウインズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、 代表:アジアパシフィック担当上級副社長 ジョン・F・リッツォ、 以下ソーラーウインズ)は、 アプリケーションを構成するITインフラの集約的なパフォーマンス管理を実現するツール “Application Stack(AppStack)” の提供を開始したこと発表します。


アプリケーションのパフォーマンスがビジネス遂行の鍵となる


SolarWindsの調査によれば、 企業のITユーザーのうち93%は、 業務アプリケーションのパフォーマンスと可用性が、 ビジネス遂行能力を左右すると認識しています。 しかし、 パフォーマンス・可用性の維持は容易ではありません。 事実、 81%のユーザーが過去1年以内にパフォーマンス問題解決のためシステム管理部門に連絡をしており、 うち3割のユーザーは、 1年に6回以上も問い合わせをしています。

コンバージド・システム・マネジメントによる解決

アプリケーションのパフォーマンス劣化の多発や、 要因特定作業の長期化によるビジネスへの影響を解消するため、 SolarWindsは集約型システム管理ツール、 AppStack を開発しました。

AppStack は、 ITシステムの様々な監視データを集約、 連携させ、 一元管理する『 コンバージド システム マネジメント 』のコンセプトに基づいたツールです。 SolarWindsの各種管理製品が収集した、 アプリケーション、 サーバー、 仮想化環境、 ストレージ、 そしてWebアプリケーションのユーザーエクスペリエンスに関するデータをまとめ、 アプリケーションを構成するインフラ要素(スタック)を自動的に認識、 1つの画面に視覚的に表示します。 アプリケーションの問題発生時には、 原因となる箇所も同時に表示するため、 システム管理者は問題個所の切り分け作業を即時に完了できます。

AppStack_01.jpg

 

■ 既存のシステム管理製品の追加機能として無償提供

 

AppStack は、 SolarWindsの下記のシステム管理製品の最新版に含まれる機能として提供されます。 AppStack 自体に追加費用は必要ありません。

・SolarWinds Server & Application Monitor (SAM)
  – サーバー・アプリケーション管理製品 (参考価格:350,000円より)
・SolarWinds Virtualization Manager (VMan)
  – 仮想化環境管理製品 (参考価格:350,000円より)
・SolarWinds Storage Resource Monitor (SRM)
  – ストレージ管理製品 (参考価格:315,000円より)
・SolarWinds Web Performance Monitor (WPM)
  – Webアプリケーション用パフォーマンス管理製品 (参考価格:233,000円より)

それぞれの製品は単体での購入・利用が可能ですが、 AppStackの機能を有効に活用するには、 管理要件に応じて、 複数の製品の購入・連携利用を推奨します。

■ SolarWinds / ソーラーウインズについて
SolarWindsは、 1999年に創業した、 NY証券取引所上場のITシステム管理ソフトウェアベンダーです。 SolarWindsはFortune 500(R)企業から小規模企業まで、 世界中で15万社以上の顧客に利用されています。 SolarWindsはITシステムの各要素を監視、 管理する20種類以上のソフトウェア製品からなり、 機能や監視対象規模に応じて、 スケーラブルかつシンプルな導入が可能です。 また、 複数の製品を連携させ、 複雑化したITシステム全体の可視化と一元管理を可能にする『コンバージド システム マネジメント』を実現しています。

ソーラーウインズは、 SolarWinds inc.の日本法人として2014年11月に設立され、 日本におけるSolarWinds製品の販売、 日本語テクニカルサポート、 及びオンライン技術コミュニティ thwack(R)を提供しています。 ソーラーウインズは、 ITシステム運用に携わる方々の業務生産性向上を通じて、 企業、 団体、 公的機関における、 より効果的なIT活用を支援します。

PDF版プレスリリースはこちらからダウンロードしてください。
http://prtimes.jp/a/?f=d13542-20150422-1624.pdf

アプリケーション・Webアプリケーションと、それに紐づくサーバー、仮想環境、ストレージの情報を集約・アイコン表示し、アプリケーションのパフォーマンス劣化の原因を瞬時に発見できるツール AppStack の紹介動画(日本語字幕)です。

 

 

実画面のデモを通して、AppStack が何を実現できるのか、また使い方・カスタマイズの方法(表示情報の絞り込み、閲覧者権限の付与など)を紹介します。

AppStackは下記の製品の付加機能として、無償提供されます。

 

  • SolarWinds Server & Application Monitor (SAM)

    サーバー・アプリケーション管理製品 (参考価格:\350,000より)

  • SolarWinds Virtualization Manager (VMan)

        – 仮想化環境管理製品 (参考価格:\350,000 より)

  • SolarWinds Storage Resource Monitor (SRM)

        – ストレージ管理製品 (参考価格:\315,000 より)

  • SolarWinds Web Performance Monitor (WPM)

        – Webアプリケーション用パフォーマンス管理製品 (参考価格:\233,000 より) 

 

ぜひご利用ください!

 

*参考価格は2015年4月現在のものです。

*日本語版Hyper-Vの管理は機能的には対応していますが、正式サポート外となります。

ソーラーウインズは、ソーラーウインズ製品ディストリビューターであるダイキン工業様のご協賛をいただき、セミナーを開催いたします。

 

重いタスクを軽くする! ネットワーク管理ツール 新製品&アップグレードセミナー

 

【こんなお客様にお勧めです】

・ソーラーウインズ製品(Network Performance Monitor)を利用されている企業のネットワーク管理者様

・ソーラーウインズ製品(Network Performance Monitor)の具体的な使用感・機能にご関心のある企業のネットワーク管理者様

 

【メニュー】

  • 一歩進んだ社内ネットワークの「見える化」手法
    • ネットワーク遅延とアプリケーション遅延を判別する
    • スタッフ全員がシステム全体の状況を一覧で把握する
    • トポロジーの依存関係をかんたんに確認する
  • 監視ダウンタイムは? Network Performance Monitor アップグレード作業でも
  • アプリ単位で帯域利用料を可視化: NetFlow Traffic Analyzer
  • シャドウIT防止&監査対策: User Device Tracker

 

【Special】

  • タブレットPC抽選会
  • Amazonギフト券が当たるキャンペーンのご案内

 

【日程・場所】

東京開催

  • 3月4日(水) 15:00 - 17:00 (受付 14:30)
  • ダイキン工業株式会社 東京支社10A会議室
  • 東京都港区港南2-18-1 JRイーストビル 10F
    • (会社受付を介さず直接会場にお越しください)
  • JR・京浜急行「品川」駅(港南口)直結 (地図はこちら

大阪開催

  • 3月5日(木) 15:00 - 17:00 (受付 14:30)
  • ダイキン工業株式会社 本社 192会議室
  • 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル19F
    • (会社受付を介さず直接会場にお越しください)
  • 阪急「梅田」駅(3階改札口)より徒歩5分 (地図はこちら

名古屋開催

  • 3月6日(金) 15:00 - 17:00 (受付 14:30)
  • ダイキン工業株式会社 名古屋支店 5階大会議室
  • 名古屋市東区白壁1-17 ダイキン工業 名古屋ビル
    • (会社受付を介さず直接会場にお越しください)
  • 地下鉄名城線「市役所」駅2番出口より徒歩10分 (地図はこちら

 

【参加お申込み】

下記ご担当者様までご連絡ください。

 

ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 IMSグループ  喜多

E-mail:hideaki.kita@daikin.co.jp

電話番号:03-6716-0462


【個人情報保護方針】

ご参加者様の情報は、ソーラーウインズ・ジャパン株式会社(主催)及びダイキン工業株式会社(協賛)の個人情報保護方針に基づき管理されます。

Tech Target(アイティメディア株式会社様)に、弊社ホワイトペーパーが掲載されました。

 

http://wp.techtarget.itmedia.co.jp/contents/?cid=16187

 

2013年頃の米国大規模企業でのネットワーク管理の状況から、課題点を洗い出し、それに応える Network Performance Moniter の製品デザインを説明しています。

日本のエンタープライズITの状況は、米国の3~5年前の状況を後追いしていると言われてきました(クラウド普及後はその状況も変化しつつありますが)。

米国で直近議論された課題をユースケースとして、ネットワーク管理製品の選択の参考としていただければ……そして弊社製品を選択していただければ! と、思います。

まずはダウンロードして、ご一読ください。

マイナビ(株式会社マイナビ様)に当社の記事が掲載されました。

 

弊社アジアパシフィック地区上級副社長、ジョン・F・リッツォと、カントリーマネージャーである藤武が、「現在の企業IT環境に適したシステム管理ソリューションとはなにか」というテーマで語っています。

 

米国で急成長した統合管理ソフトウェアがいよいよ日本上陸! - SolarWinds | マイナビニュース

 

ぜひご一読ください!

はじめまして!
ソーラーウインズ・ジャパン株式会社 マーケティングマネージャー 園田 真悟です。

 

おかげ様をもちまして、SolarWinds Inc. は昨日2月3日に、日本法人の設立をプレスリリースいたしました。


プレスリリース:タイトル

『SolarWindsが日本法人の設立を発表』

新たな販売代理店と契約し、統合システム管理ソフトを本格展開

日本事業のIT管理業務のシンプル化を促進

 

プレスリリース:概要

  • 日本法人の設立
  • ソフトバンク コマース&サービス株式会社様とのディストリビューション契約締結
  • 日本企業のIT管理の課題と、SolarWindsの提供する代表的な問題解決
  • ソフトバンク コマース&サービス株式会社 ICT事業本部 MD本部長 原山健一様 エンドースメント
  • SolarWinds プレジデント兼CEO Kevin Thompson コメント
  • 会社概要・問い合わせ先

 

詳細は添付の本文をご覧ください。



SolarWInds Inc. とソーラーウインズ・ジャパンは、日本の「複雑化したITシステムの管理」と「運用コスト低減要求」という矛盾した課題を解決するため、本格的に動き出します。

すでにご利用いただいているユーザーの皆様には、米国の本家Thwackコミュニティでしか生の技術情報の交換ができず、長らくご迷惑をおかけしてしまいました。

これからますます、皆様との距離を縮めてまいりますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

For novice it will be a bit difficult. but if you put yourself to think like a troubleshooter & having Basic knowledge in R&S Or SNMP Like Protocols behavior, Port nos.& Log/Events. This certificate exam will like a cup of cake for you to clear.

Here is Some Links to prepare will definitely help you.

Thwack 日本語コミュニティーへようこそ。

 

このコミュニティーは、日本語で管理されております。

英語ドキュメントへのリンクなどがありますが、日本語コンテンツも拡充しています。

追加のご希望などございましたらお気軽にリクエストしてください。

 

日本チームのご紹介

園田 マーケティングマネージャー

この日本語コミュニティーの責任者です。

 

入道 テクニカルサポートエンジニア

河人 テクニカルサポートエンジニア

エンジニアとして、技術的な質問に対応します。


藤澤 シニアセールスマネージャー

チャネル営業、ダイレクト営業の両方を統括しております。

営業的なお問い合わせは藤澤へどうぞ。


藤武 カントリーマネジャー

国内ビジネス全般の責任者となります。お困りのことがございましたら

お問い合わせください。

システム管理ソフトウェアというと、システムを保守している方々が使うツールで、

システム障害を起こした時に必要なツールだよね、というイメージが強いかもしれません。

しかし、それだけではないんです。

例えば、経済産業省ではシステム管理基準として、情報システムにまつわるリスクに

対するコントールを適切に整備・運用する目的を以下の4つと定めています。

経済産業省の定義するシステム管理基準より抜粋(PDFが開きます)

・情報システムが、組織体の経営方針及び戦略目標の実現に貢献するため

・情報システムが、組織体の目的を実現するように安全、有効かつ効率的に機能するため

・情報システムが、内部又は外部に報告する情報の信頼性を保つように機能するため

・情報システムが、関連法令、契約又は内部規定等に準拠するようにするため

 

そうです、これらのことを実現することって、実はとても大変なんです。

しかしながら、現在のシステム運用管理だけでも大変な作業かと思います。

 

その上、新しい技術がどんどん出てきます。

仮想化、クラウドなどの技術によって、皆様の運用管理作業は簡単になりましたか?

おそらくより、より複雑になり、ネットワークに対する負荷は高まり、その上、高い

信頼性を求められるようになっていませんか?

クラウド技術を全面採用しているから運用管理は楽々?サーバーとアプリが社外に

移っても社内ネットワークは、メンテナンスし続ける必要がありますよね?むしろ、

社内で最も大切に扱わなければならない共有資産ではないでしょうか。

 

弊社の提供するコンバージド・システムマネジメントソフトウェアは、様々な目的を

実現するソフトウェアの集合体です。しかし、単純に集めただけではありません。

連携して動作します。一つのコンソールから、ネットワーク機器の負荷の状況を

確認することができます。例えばインターフェースの帯域利用状況や、アプリの

レスポンス時間を見ることができます。ネットワーク機器の設定情報も一括して

管理することができます。また、仮想化環境も管理できます。スプロール管理と

リソース管理も対応しています。オーバーコミットしたメモリの仮想マシン間での

取り合いなども認識してアラートを上げることが可能です。

 

言葉にすると複雑ですが、これらのことを、できるだけ簡単に実現するように

構成しています。ぜひ一度お試しください。

ダウンロードせずとも管理画面を確認いただけるようにデモサイトも用意して

おります。

 

ソーラーウインズ・ジャパン株式会社

藤武fujitake

SolarWinds uses cookies on its websites to make your online experience easier and better. By using our website, you consent to our use of cookies. For more information on cookies, see our cookie policy.