ネットワーク設定は地味な作業の繰り返し。ミスは必ず起こるもの。

 

 

スイッチやルーター、ファイアウォールといったネットワーク機器のコンフィグは、コマンドラインベースで1台ずつ、

システムに影響を与えない時間にやっていくのが基本でした。

ネットワーク機器の数が増えてくると、ルールやマニュアルを作って作業を分担していくのですが、手作業ではどこかで

ミスが起こるもの。誰かがどこかで設定を間違えたため、障害に発展する……考えただけで悪夢です。


NCMで、設定のミスをいち早く発見!


ネットワークコンフィギュレーション・マネージャー(NCM)はネットワーク機器の設定(コンフィグ)の情報を収集・記録し、

変更作業の負荷を軽減するツール。過去の変更履歴から差分を表示、特定の機器の設定をロールバックしたり、

一括で設定を変更したりできます。


たとえば、設定作業の中で誤った設定をしてネットワークにトラブルが発生した場合も、ワンクリックで最新の設定情報、

直近の変更履歴を確認し、どこにどんな変更が起こったかを確認したうえで、適切なNCM上のバックアップを使って

ロールバックことが可能です。


コンプライアンスに沿った運用を支援

ネットワーク設定のポリシーを事前に決め登録しておけば、どこでポリシー違反があったのかがすぐに判るため、

トラブルの原因究明はさらに簡単になります。ネットワークの管理権限を他部門の担当者に与えた場合、現場の
判断で行われた設定変更がトラブルを起こすことがありますが、そのような問題を容易に防ぐことができます。


もちろん、NCMのコンソールは職権ごとに利用権限を与えることが可能ですから、全社のネットワーク担当者も、部門の

ネットワーク担当者も、全体のポリシーに従って、簡単にネットワークを運用できるようになります。


定期業務も手軽に


設定のテンプレートを作成しておけば、スケジュール化して実行することができます。

毎週・毎月のジョブ指定で、作業負荷を減らしましょう。


▼Network Configuration Manager (NCM) 
 最小ライセンス(50ノードまで管理可)  参考価格:¥315,000


NCMの便利な機能は、30日間の無償トライアルですべて利用可能です。ぜひお試しください!

 

▼トライアル版 ダウンロード

http://www.solarwinds.com/downloads/