必要な機能を凝縮し、導入・運用が簡単な仮想化環境管理ツール


『バーチャライゼーション・マネージャー』(略称:VMan)は、ソーラーウインズの提供する仮想化環境管理ツールです。

運用管理やトラブル対策に必要な複数の機能を、ひとつにまとめ、手ごろな価格で仮想化環境の統合管理が可能になります。


スプロール管理機能で、煩雑な管理をアシスト!


VManには、乱立する仮想マシンのパフォーマンス状況を効率的に管理するための『仮想化スプロール管理機能』があります。

この機能には、仮想マシンの使用状況に対して、割り当てられたリソース(仮想メモリーやCPU数)が最適かどうかを分析し、

適切な数量を推奨することができます。その推奨に従って、その場でリソースの変更をかけることも可能。

いちいち専用ツールを開き、個別の割り当て作業をする必要はありません。


さらに、30日を超えて電源オフになっている仮想マシンや、待機状態が続いている仮想マシン……いわゆるゾンビサーバーを

自動的に探し出し、その場でオフにする機能も備わっています。


このほかVManには、仮想環境の構成マップから、パフォーマンスの悪化している部分を表示し、さらにその原因

(メモリーバルーニングやゴーストスナップショットなど)を提示する機能、過去の構成マップに遡り、その時点での

パフォーマンス劣化原因を確認できる『タイムトラベル』機能、環境全体の各種パフォーマンス状況を時系列で確認できる

ショーバック機能などが備わっています。


手軽に始める統合管理


バーチャライゼーション・マネージャーは、手ごろな価格でフル機能が使え、管理対象規模によってスケーラブルな

価格体系となっています。


▼Virtualization Manager (VMan) 
 仮想化環境管理製品 (最小ライセンス 参考価格:¥350,000~)


大型の管理ツールがコスト的に見合わない中小規模の仮想化環境でも、スプロール管理の大変な大規模リソースプール

(プライベートクラウド)でも、便利に使うことができます。


様々な便利な機能が、ワンパッケージで提供され、手軽に始められるVManを、ぜひご活用ください!