NCM 'real time change detection' 機能について

詳細は NCM Administrator Guideの121ページから128ページのstep6まで

概略は以下url をご参照ください。

https://support.solarwinds.com/Success_Center/Network_Configuration_Manager_(NCM)/Configure_Real-time_Configuration_Change_Detection

 

よりシンプルな手順は

Settings>All settings>NCM設定>Configure Real-Time Change Detection

にも記載されています。

 

この機能を使って、Ciscoの場合とYamaha RTX1100の場合の設定例を紹介します。

テストはNPM12.0  NCM7.5で実施。

 

1. Ciscoの場合のCisco側設定

  logging 192.168.12.167  <-Syslogビューア(NCM) のIP address

 

2. Yamaha の場合のYamaha RTX1100側設定

  syslog host 192.168.12.167

 

3. RCM側 'Syslogビューア' の設定

  デスクトップ アプリで'Syslogビューア'を起動

  

View>Alerts/Filter Rules

 

すでにあるNCM rules Cisco IOS Realtime Change Notificationを選んでCopyしSample 画面(例)のように必要箇所を入力しOK

 

  General 画面で該当ノードの指定 下記例では(Yamaha RTX1100のIP address 192.168.12.168を指定)

 

  Message画面でsyslog に出力される典型的なパターンを記述する。

     Yamaha RTX1100の例として'administrator' succeeded を指定

  Ciscoの例としては、Configured from console by vty0 を指定

 

4. RCM側アラート設定

   

  アラート:Real-Time config change detection のメール通知設定

  Real-Time config change detection をcopyし設定した例:

 

‘アクションを追加’で’電子メール/ページを送信’を選んで宛先メールアドレスとメールサーバー情報を入力

5. Real-Time Change Detection をEnableにする

  Settings>All settings>NCM設定>Configure Real-Time Change Detection

     Step 6 でEnableにし送信をクリック

 

6. テスト

    Yamaha RTX1100にtelnet, administrator にloginし抜けてsyslog->alert の詳細を表示し、メールで通知も確認

    Ciscoの場合はconfigure terminal で設定モードに入って、実際に設定変更するしないに関わらず、

  Configured from console by vty0 がsyslogに出力され->アラート->メール通知となります。