Version 2

    本記事では、IPAMで管理しているサブネットの管理権限の設定方法について案内します。

     

    設定結果の例

     ADMINにてログインすると、すべてのサブネットの監視が可能

     GUESTでログインすると、test1のみ監視可能(下記は、閲覧権限のみ付与した例)

     

    設定方法

    1. アカウントを設定

     デフォルトでは、AdminとGuestのみが設定されています。必要なアカウントを追加してください。

     Webコンソールメニューの設定(SETTINGS) -> 全ての設定(All Settings) -> アカウントを管理(Manage Accounts)

     必要に応じて、新しいアカウントを追加(ADD NEW ACCOUNT)より、アカウント情報を追加してください。

    2. 権限をコントロールすべきアカウントにチェックをつけ、編集(EDIT)

     「Guest」のアカウントの編集の画面にて、下部に移動し、IP ADDRESS MANAGER SETTINGSをクリック

    3. アカウント「Guest」にアサインする権限を設定

     デフォルトでは、Read Onlyになっております。Hide、Customなどを選択します。

    4. Customを選択すると、個別設定が可能な画面へのリンクのボタンが表示されますので、EDITをクリック

     サブネットごとに必要な権限権限を設定し、SAVEをクリックします。