Orionモジュールの手動アップグレード

Version 3

    本記事では、複数モジュールを利用している環境でのアップグレード作業について、案内いたします。

    NPMのみNCMのみといった単体でのご利用環境については、ステップ17までを参考にしてください。

    複数NPMとNCM、NPMとSAMといった組み合わせの場合は、1から17までを繰り返してください。

     

    NPM、NTAを利用している環境にて各作業ステップを案内しますが、利用しているモジュールに

    依存したステップもあわせて案内しています。適宜読み飛ばしてください。

     ・NTAを利用していない場合は、Flow Storage DBはありません。

     ・追加ポーリングエンジンを利用していない場合は、APEはありません。

     

    ◆Orionモジュールの利用状況

    NPM v11.5.2

    NTA v4.1.1

    ※NPM v12.0以上を利用している場合、Orion Installerによる一括アップグレードが可能です。

     

    ◆サーバー構成

    Orionサーバ: Windows Server 2012 R2, NPM, NTA, IPAM

    DBサーバ: Windows Server 2012 R2, SQL Server 2012

    Flow Storage DB: Windows Server 2012 R2, NTA

    APE: Windows Server 2012 R2, NPM Poller, NTA Collector

     

    ◆アップグレード手順

    事前確認等については、こちらの記事をご参照ください。

    プロダクト・アップグレード・アドバイザーもしくはOrion Installerにて互換性チェックを実施すると、

    現在ご利用いただいているモジュール間の互換性を確認し、以下のようなアップグレードパスが確認できます。

    手動アップグレード

     (1) NPM v11.5.2 -> NPM v12.0

     (2) NTA v4.1.1 -> NTA v4.1.2

     ※ご利用環境(モジュールとバージョン)に依存します。それぞれご確認ください。

     

     

    ◆ステップ

    NPM v12.0へのアップグレード

    1. NPMインストール用実行ファイルを実行

     ダウンロードしたファイルを解凍し、実行してください。

    2. セキュリティの警告を確認し、実行をクリック

    3. インストーラが起動するので、内容を確認し、次へをクリック

    4. ライセンス契約書を確認し、同意にチェックをつけて、次へをクリック

    5. インストールが実行され、完了したら、終了をクリック

      

    6. 設定ウィザードが起動しますので、内容を確認し、次へをクリック

    7. データベース設定を確認の上、次へをクリック

     下記の値は、テスト環境にて設定した値であり、お客様環境で必要な情報をご入力ください。

    8. 既存のデータベースを使用を選択した状態で、次へをクリック

     新規データベースを作成を選ぶと、データを引き継ぐことができません。

    9. 追加ポーリングエンジンを利用している場合、内容を確認し、OKをクリック

     追加ポーリングエンジンを利用していない場合、この項目は無視してください。

    10. データベース アカウントを確認の上、次へをクリック

    11. ウェブサイト設定の内容を確認の上、次へをクリック

    12. 内容を確認し、はいをクリック

    13. サービス設定の内容を確認し、次へをクリック

    14. Flow Storage DBのIPアドレスもしくはホスト名を確認し、次へをクリック

    15. 追加ポーリングエンジンがある場合、事前に停止していることを確認し、チェックをつけ、次へをクリック

     追加ポーリングエンジンが停止していることを必ず確認してください。

    16.

    17. 設定ウィザードがエラーなく完了したことを確認の上、終了をクリック

     

    NTA v4.1.2へのアップグレード

    18. NTAインストール用実行ファイルをFlow Storage DBサーバ上で実行

     Flow Storage DBサーバから先に実行します。

    19. 内容を確認し、Nextをクリック

    20. EULAを確認の上、チェックをつけ、Nextをクリック

    21. 以前のバージョンを検出したことの通知を確認の上、Nextをクリック

    22. 内容を確認の上、Installをクリック

    23. Finishをクリックし、設定ウィザードを終了

    24. Orion DBへの接続やFlow Storage DBのファイルパスなどを確認の上、OKをクリック

    25. OKをクリックし、Flow Storage DBのアップグレードを終了

    26. NTAインストール用実行ファイルをOrionサーバ(NPMとNTAをインストールしているサーバ)上で実行

     先にFlow Storage DBにて同じファイルを実行したことを確認の上、手順を進めてください。

    27. 次へをクリック

    28. EULAを確認の上、同意にチェックをつけ、次へをクリック

    29. 以前のバージョンを検出したことの通知を確認の上、次へをクリック

    30. 内容を確認の上、インストールをクリック

    31. セットアップウィザードが完了したことを確認の上、完了をクリック

    32. 設定ウィザードが起動するので、次へをクリック

    33. 内容を確認の上、次へをクリック

    34. Flow Storage DBのIPアドレスもしくはホスト名を確認し、次へをクリック

    35. 追加ポーリングエンジンがある場合、事前に停止していることを確認し、チェックをつけ、次へをクリック

     追加ポーリングエンジンが停止していることを必ず確認してください。

    36. 内容を確認の上、次へをクリック

    38. しばらく処理を待ったのち、終了をクリックすると、新しいWebコンソールが開くので、最下部のバージョンを確認

     

    これで、NPM v12.0とNTA v4.1.2にアップグレードが完了しました。