NCM 7.6  Firmware(Cisco IOS) upgrade機能のテスト

Version 4

    NCM 7.6  Firmware upgradeのテストをCisco 2950で実施。

    以下の手順の中で使用するIOS fileを保管場所に用意するだけで別途TFTP serverを立てる必要はありません。

    現行機器(Cisco2950)内のIOSもその場所に自動(default設定)でBackupされます。

     

     

    まず画面の確認

     

    MY DASHBOARDS>設定>Firmware Upgrades

     

     

     

     

    設定>All Settings>NCM設定>Firmware Upgrade内の'Firmware Upgrade Templates'

     

     

    設定>All Settings>NCM設定>Firmware Upgrade内の'Firmware Repository'

     

     

     

     

    設定>All Settings>NCM設定>Firmware Upgrade内の'Storage Location'

     

    Upgradeに使用するFirmwareの保管場所を以下のように指定

     

    今回のTestでは、'c2950-i6q4l2-mz.121-14.EA1.bin' にdowngradeしてから'c2950-i6q4l2-mz.121-22.EA12.bin'にupgrade(Rollback)を実行。

    downgradeに使用する''c2950-i6q4l2-mz.121-14.EA1.bin' を用意しておく。

     

    Testで使うCisco 2950の選択や実行するOperationの指定をします。

     

     

     

     

    MY DASHBOARDS>設定>Firmware Upgrades

     

    Addをclickし、Operation Nameを入力(C2950-LAB2)し次へ

     

     

     

    SELECT NEW IMAGE REPOSITORY をclickし、使用するFirmwareを選択し、右下のOKをclick

     

    次へ をclick

     

    今回TestするC2950-LAB2を選択し、右下の'START COLLECTION DATA' をclick

     

     

    Please review to continue をclick

    Device info script results:の内容、

    下記Messageの確認

    UPGRADE OPTIONの確認

    必要に応じ、

    Upgrade script preview: をGenerate Scriptをclickして内容を確認

    し、問題なければ、

    Confirmedを選択し、次へをclick

     

     

    結果をEmailする場合は必要事項入力して次へをclick(今回のtestではEmail送信なし)。

     

    SUMMARY 画面で、今回は時間指定してyesと入力し、終了をclick

     

     

     

    16:30にUpgrade開始、完了。

     

     

    CLIでIOSが入替っていてrebootすればよいことを確認

     

    Operation名と実行時間のFolder名(C:\Data\IOS\C2950-LAB2-2017-05-26 04.30.46)内にIOSがBackupされている;

     

     

    ここでCLIでreloadを実行するか以下のようにNCMのJob機能でRebootを実行。

     

     

    Jobでrebootを17:10にschedule

     

     

    Reboot Job実行後確認:

     

    ************************************************************************************

    以下、Roll back(元の 'c2950-i6q4l2-mz.121-22.EA12.bin'に)

    ************************************************************************************

     

    C2950-LAB2を選択し、ROLLBACKをclick

     

     

    Please review to continue をclick

     

    内容確認し、次へをclick

     

     

    17:40にRollbackをscheduleし、yesと入力し終了をclick

     

     

    17:40にRollbackがstartし17:43にcomplete

     

     

    17:50にReboot jobをscheduleし、結果確認: