SQL ServerのCALについて

Version 1

    本記事では、Orionに利用するSQL ServerのCALについて紹介します。

    また、SQL Server CALs licenses required from Orion 左記

     

    弊社は、他社ライセンス製品の選択に関する推奨は行いませんが、多くのユーザー様では、

    5ユーザCALを利用されていますとお伝えします。

     

    CALの利用については、お客様の責任の元のご選択となりますが、必要とするCALの数については、

    Orionの構成に依存しますので、案内します。

     

    CALの数を検討するにあたり、

    ・プロセッサライセンス

    ・何台のNPM Pollerをお持ちになっているのか

    ・SQL ServerがOironと同じサーバーにインストールされているのか、独立しているのか

     

    SQL Serverが、Orionと同じサーバーにインストールされている場合、1 CALが必要です。

     

    独立したSQL Serverをご利用の場合、多くのケースにおいて5 CALあれば十分です。

    ・CALは、SQL Serverにアクセスする各マシンに必要です。

    ・データベースに直接アクセスする他のアプリケーション(Database Manager, Custom Property Editor,

     System Manager, Polling Engines)をご利用の場合、各マシンごとに1つのCALが必要となります。

    ・Orion webユーザーは、CALライセンスを必要としません。ユーザーはwebエンジンにアクセス

     するのであり、webエンジンがSQL Serverにアクセスします。

    ・その他の条件については、SQL Server販売代理店やマイクロソフト社にお問い合わせください。

     

    対象製品

    SQL Server 2008/2012