Orion: ページの更新とセッションタイムアウト

Version 1

    ■ はじめに

     

     Orion Web コンソールにログインしたまま、ページ自動更新させたい時の設定について記載致します。

     

     

    ■ 概要

     

     Orion Web コンソールでは、初期設定では 5 分ごとにページ自動更新が行われ、ログインして 25 分後にセッションタイムアウトによりログイン接続が切れます。

     セッションタイムアウトになった時は、再度ログインする必要がございます。グローバル(全体)設定では、Webコンソール設定にてこれらの設定が行なえます。また、

     個別にセッションタイムアウトさせたくないユーザーに対しては、アカウント設定にて個別の設定が可能となります。

     

     

    [セッションタイムアウト画面]

     

    // 記載環境

     

    - Windows Server 2012 R2 on ESXi 6.0

    - Orion Platform 2016.2.100, IPAM 4.3.2, SAM 6.3.0, DPA 10.2.0, NCM 7.5.1, IVIM 2.1.2, QoE 2.2.0, NetPath 1.0.1, NPM 12.0.1, NTA 4.2.1, UDT 3.2.4, WPM 2.2.1 © 1999-2016 SolarWinds Worldwide, LLC. All Rights Reserved.

     

     

     

    ■ 設定変更 (ページの更新とセッションタイムアウト)

     

    0. Orion Web コンソールに権限があるユーザーでログインします。 (本記載は、admin にてログインしています)

     

    1. メニューバーから、"設定" をクリックします。

     

    2. プルダウンされた "All Settings" をクリックします。

     

    3. "製品固有の設定" をさがして、 "Webコンソール設定" をクリックします。

     

    4. "セッションタイムアウト" と "ページの更新" を確認して、お客様環境に適した値に変更します。 この変更はすべての環境に反映されるグローバル設定となります。

     

     

    セッションタイムアウト」は、デフォルト 25 分となっております。 1 ~ 1000 までの値が入力できます。

     

    ページの更新」は、デフォルト 5 分となっております。 警告メッセージはできませんが、1 ~ 9999 までの値が入力できます。

     

    5. 一番下の "送信" をクリックして反映させます。

     

     

    オンラインドキュメント: Web Console settings

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    Session Timeout

    Provide the amount of time, in minutes, that Orion Web Console waits through user inactivity before the user is logged out.

     

    Page Refresh

    Specify the amount of time that passes before an Orion Web Console view reloads automatically

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

     

    ■ 設定変更 (セッションタイムアウトの無効化)

     

    0. Orion Web コンソールに権限があるユーザーでログインします。 (本記載は、admin にてログインしています)

     

    1. メニューバーから、"設定" をクリックします。

     

    2. プルダウンされた "All Settings" をクリックします。

     

    3. "ユーザーアカウント" をさがして、 "アカウントを管理" をクリックします。

     

    4. 設定したいユーザーにチェックを入れて、"編集" をクリックします。

     

    5. 三番目にある "セッションタイムアウトを無効化" を "はい" にします。 (初期設定では、"いいえ" になっています)

     

    6. 一番下の "送信" をクリックして反映させます。

     

     

    オンラインドキュメント: Define what users can access and do

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    Each user or group account can have different privileges applied to it, such as the ability to modify alert definitions or delete nodes.

    1. Log in to the Orion Web Console as an administrator.
    2. Click Settings > All Settings in the menu bar.
    3. Click Manage Accounts in the User Accounts grouping.
    4. Select an account, and click Edit.
    5. Specify the login options.

     

    Login option

    Setting

    Should the user be logged in indefinitely even if the browser is closed?

    Select Yes for the Disable Session Timeout option. Session timeouts are global and set in Web Console Settings.

    By default, new user accounts are configured to timeout automatically.

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------