WPM評価版のインストール

Version 1

    この記事では、WPM評価版のインストールについて紹介します。

     

     

    1. ダウンロード

    WPM評価版のページからダウンロードします。

     

    2. ダウンロードしたファイルを実行

    管理者として実行してください。

    WPM_Install01.png

    3. インストーラーが実行

    OSなどの状態チェックや.NET Framework 4.5のインストールなどが実行されます。

    WPM_Install02.png

    4. Setup Wizardによるインストール製品の確認

    WPM v2.2.1のインストールであることの確認となります。

    WPM_Install03.png

    5. インストール方法の選択

    Express Install: MS SQL ExpressをWPMと一緒にインストールする場合はこちらを選択します。

    Advanced Install: 別途構築したSQL Serverを利用する場合はこちらを選択します。

    WPM_Install04.png

    6. 言語設定とインストール先の設定

    WPMは英語版のみとなります。

    インストール先は必要に応じて変更してください。

    WPM_Install05.png

    7. ライセンス契約の確認

    内容をご確認の上、ライセンス契約を承認する(I accept the terms of the SolarWinds License Agreement)にチェックをつけてNextをクリックしてください。

    WPM_Install06.png

    8. インストール前の確認

    WPM v2.2.1やサードパーティー製品(.NET Framework、SQL Server expressなど)がインストールされることの確認画面です。

    Nextをクリックしてください。

    WPM_Install07.png

    9. インストール開始

    各種ファイルのダウンロードやインストールが実行されます。

    通常は、15分から20分程度の時間がかかります。回線状況やCPU、メモリ、ストレージのスペックにより前後します。

    WPM_Install08.png

    10. 設定ウィザードの実行

    設定ウィザードが自動的に事項されます。

    WPM_Install09.png

    11. 完了の通知

    設定が完了しました。Finishをクリックしてください。

    WPM_Install10.png

    12. Webコンソールの起動とログイン

    インストール直後は、ユーザー名admin、パスワードは未設定となります。このままログインをクリックしてください。

    WPM_Install11.png

     

    13. WPM設定ガイドを参照し、監視設定を実施

    こちらの資料をご参照ください。