Orion: Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージの修復

Version 1

     

    ■ はじめに

     

    Orion 製品において、マイクロソフト Visual C++ Redistributable (再配布可能パッケージ) を使用しています。

    この VC++ 再配布可能パッケージが破損した場合の復旧方法について記載致します。

     

     

    ■ 概要

     

    Orion ほぼすべての製品において、マイクロソフト Visual C++ 2008 ~ 2013 が使用されています。

    それら一覧は以下の通りとなりますが、Windows コンポーネントとなりますので、コントロールパネルの追加と削除から修復できます。

     

    SolarWinds Orion が使用している VC++ 一覧

    Microsoft Visual C++  requirements for NPM - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support

     

     

    ■ 環境

     

     - すべての Windows Server

     

     

    ■ 手順

     

     - 記載時の評価環境: Windows Server 2012 R2 with SolarWinds NPM 12.0.1

     

    1. コントロールパネル > プログラム > プログラムのアンインストール

     

    2. Microsoft Visual C++ 2012 および Microsoft Visual C++ 2013 それぞれの x86/x64 を確認します。

     

    3. 右クリックを実行すると、"変更" が表示されますので、クリックします。

     

     

    4. 以下画面にて "Repair" を実行して修復します。

     

    5. しばらく待ちます。 (実行中の画面)

     

    6. 完了画面。 "Close" をクリックして閉じます。(環境によって異なりますが、検証環境での実行時間は約30秒程度でした)

     

     

    ■ 関連情報

     

    サポートされている最新の Visual C++ のダウンロード

    Repair Microsoft C++ Redistributable - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support

    Complete Download Links for Microsoft C++ Redistributable - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support