ネットワーク運営上の困りごととその対策

Version 5

    ネットワークを管理・運営していく上でよく聞くお困りごと、そしてソーラーウインズ流の対策をまとめてみました。

    死活監視だけ?

    信頼できないSNMPトラップ最新のコンフィグを探す

    死活監視を行っているだけでは、ネットワーク機器が故障したという事実しかわかりません。しかも、通知メールが届くのとほとんど同時に、ユーザー部門から電話がなったりしていませんか?

    SNMPトラップに頼る監視システムは多いようですが、本当にそれだけで大丈夫ですか?SNMPマネージャーに接続しているポートがダウンしたら?突然機器がダウンしたら?通知は届いていないので大丈夫?

    ネットワーク機器が故障した際、入替用の最新コンフィグはすぐに見つかりますか?バックアップを取得していないケースはほとんどないと聞きますが、どれが最新なのかわからない、というケースはよく聞きます。

    まるでオオカミ少年手間のかかるレポート

    通信量の大きな端末やアプリを探す

    毎日たくさんのアラートを受け取っていませんか?しかも受け取ったアラートの大半は、無視できるものではありませんか?本当に必要なアラートだけを受け取ることができればもっとアラート管理者は卒業できます!

    毎週・毎月、多くの時間を割いてレポートを作成していませんか?CSV、Excelで出力できますか?とよく質問を受けます。それって、データ整形が意図した通りにはできないから、修正が必要ということですか?

    SNMPで表示されるインターフェイスのトラフィックは、そのインターフェイスの利用量を表しています。しかしながら、その情報だけでは、どの端末が送受信している通信なのかわかりません。

    なんだか遅いアプリ通信複雑怪奇なホスト名障害機器の場所と時間の特定

    ユーザー部門からの最も嫌な問い合わせの1つ「なんかサーバー(通信)が遅いんですけど?」という連絡がきたらどのように回答しますか?問題が再現したら、再度連絡くださいと答える?なおるまで祈って待つ?

    ネットワーク機器に使われる複雑怪奇なホスト名、命名規則を知らない者が見ると、意味がわかりません。実は管理者にとっても、読み解くには少し時間がかかると感じていませんか?tky-coresw-01は、東京のどこ?

    ネットワーク機器の故障が発生した際の機器の設置場所と障害発生時間の特定に苦労されていませんか?影響範囲を含めた状況の正確な把握が次のステップの迅速な指示へとつながります。