NCM: デバイステンプレートの作成

Version 1

    この記事ではデバイステンプレートの作成についてガイドします。

     

     

    1. メニューのSETTINGS -> All Settingsを選択

    スクリーンショット 2016-08-30 22.22.33.png

    2. 製品固有の設定からNCM設定を選択

    スクリーンショット 2016-08-30 22.23.50.png

    3. AdvancedのDevice Templateを選択

    スクリーンショット 2016-08-30 22.24.25.png

    4. ADD NEWをクリックし、Using Interactive Wizardを選択

    スクリーンショット 2016-08-30 22.24.58.png

    5. 作成したいネットワーク機器を選択して次へをクリック

     スクリーンショット 2016-08-30 22.27.31.png

    6. 作成するデバイステンプレートの種類を選択して次へをクリック

    スクリーンショット 2016-08-30 22.28.18.png

    Execute scripts only: スクリプトの実行のみ

    Execute scripts and download config from the device: スクリプトの実行とコンフィグのダウンロード

    Execute scripts, download config from the device and upload config to the device: スクリプトの実行、コンフィグのダウンロードとコンフィグのアップロード

     

    7. コネクションプロファイル(Connection Profile)の設定とターミナルのリセット設定及びバージョン表示コマンドの設定

    スクリーンショット 2016-08-30 22.28.48.png

    8. コマンドの詳細設定が必要な場合、Show advanced optionsをクリックし下記を設定

    スクリーンショット 2016-08-30 22.37.17.png

    9. テストをクリックし、Show credential login detailsをクリックの上、詳細な結果を確認

    スクリーンショット 2016-08-30 22.38.16.png

     Test Successful!であれば、次をクリック

     下記のようにTest failが出力される場合、設定内容を確認

    スクリーンショット 2016-08-30 22.40.10.png

    10. コンフィグのダウンロードに関する設定を行い、次へをクリック

    スクリーンショット 2016-08-30 22.41.14.png

    Download Command

     Download Config Command: コンフィグをダウンロードする際に使用するコマンドを指定

    Config Types

     Running Config File Name: ランニングコンフィグのファイル名を指定

     Startup Config File Name: スタートアップコンフィグのファイル名を指定

     ※それぞれバイナリファイル形式の場合、チェックを入れてください。

    Download Test

     Select config Type to Download: ランニングもしくはスタートアップコンフィグを指定し、ダウンロードテスト

     下記のように成功したら、次へをクリック。失敗する場合、設定内容を再確認。

    スクリーンショット 2016-08-30 22.44.40.png

    11. アップロード時のオプションとコマンドの設定

    スクリーンショット 2016-08-30 22.46.27.png

    Upload Options

     Enter Config Mode Command: コンフィグモードに入るためのコマンド

     Exit Config Mode Command: コンフィグモードをイグジットするためのコマンド

     Write to NVRAM Command: メモリに書き込むためのコマンド

     Reboot Command: リブートのためのコマンド

    Upload Command

     Upload Config Command: コンフィグをアップロードする際に必要とするコマンド群を${CRLF}をセパレータとして指定

     

    12. デバイステンプレートの名称やデバイステンプレートの割り当てに関する設定

    スクリーンショット 2016-08-30 22.51.48.png

    Save Device Template

     Device Template Name: デバイステンプレートの名称

     System OID: システムOIDの指定

     Use for auto-detect: デバイステンプレートの自動識別の有効無効指定

     Comments: コメント

     

    Assign Device Template

     This device template and connection profile will be assigned to the following node: 作成したデバイステンプレートとコネクションプロファイルを指定した機器に割り当て

     Select additional nodes to assign device template to: その他、デバイステンプレートを割り当てる機器を選択

     Assign the same connection profile to selected nodes: 選択した機器に上記と同じコネクションプロファイルを割り当てる

     Download configs for selected nodes: 選択した機器のコンフィグをダウンロード

     

    13. 次へをクリックしデバイステンプレートの作成を終了