監視対象の設定方法について

Version 4

    この記事では、Orion製品をインストールした後の監視対象の追加設定を紹介します。

     

    インストールした各モジュールの設定方法のページをご参照ください。

    インストールしたモジュールによって、Network Sonar Discoveryの表示内容は変わります。

     

    Orion: Network Sonar Discovery (ネットワーク検出)

     

    製品ごとの記載は、以下の通りです。

     

    NPM: 監視対象の登録手順

    NTA: フロー監視対象の登録手順

    NCM: コンフィグバックアップ対象機器の追加手順

    UDT: ユーザー端末の監視設定手順

    IPAM: IPアドレスの監視設定手順

    SAM: アプリケーション監視設定手順

    VMAN: 仮想基盤の監視設定手順

    WPM: WEBページの監視設定手順

     

    旧バージョンで取得したスクリーンショットも含まれております。