NTA: フローデータの受信ポートの変更方法

Version 1

    この記事では、フローデータの受信ポートの変更方法を案内します。

     

    Ciscoのネットワーク機器ですとNetFlowの出力するポートは、一般的に2055となります。

    HPやアライドテレシスなどsFlow対応ネットワーク機器ですとデフォルト設定は6343となります。

    ネットワーク機器が混在する環境の場合は、どちらかに合わせて設定してください。

     

    SolarWinds NTAのデフォルト待ち受けポートは、2055となります。

    待ち受けポートの設定を変更する場合には、以下の手順となります。

     

    1. Webコンソールにログイン

    スクリーンショット 2016-08-22 17.45.11.png

    2. 設定からAll Settingsを選択してクリック

    スクリーンショット 2016-08-22 17.13.36.png

    3. 製品固有の設定のNTA設定をクリック

    スクリーンショット 2016-08-22 17.13.48.png

    4. NetFlow Traffic Analyzer設定の画面を下にスクロールし、各NetFlowコレクタの名前とコレクションポートを設定をクリック

    スクリーンショット 2016-08-22 17.15.22.png

      中略

    スクリーンショット 2016-08-22 17.15.46.png

    5. コレクション ポートに数値を入力し送信をクリック

    スクリーンショット 2016-08-22 17.16.14.png

    以上で設定変更が終了となります。