NCM 既存監視対象機器のコンフィグバックアップ設定の追加

Version 1

    この記事では、NPMとともにインストールしたNCMの環境などにおいて、すでに監視対象として

    設定済みのネットワーク機器に対し、コンフィグバックアップの追加設定方法を案内します。

    一括設定や個別設定については、それぞれ別の記事をご参照ください。

    NCM監視対象機器の追加方法(Network Sonar Discovery)

    NCM 監視対象機器の個別追加

     

    1. WEBコンソール上部のメニュー「SETTINGS -> Manage Nodes」からノードを管理に移動

    NCM_add_mgtnode01.png

    2. 監視対象機器のうち、NCMでコンフィグバックアップの設定が行われていない機器を確認

     画面右側にある>>をクリック

    NCM_chg_mgtnode02.png

     NCM - Licensedをチェック

    NCM_chg_mgtnode03.png

     

    3. NCM - LicensedがNeverもしくはNoになっている機器を選択し、プロパティを編集をクリック

    NCM_chg_mgtnode04.png

     

    4. プロパティを編集の画面で最下部までスクロール

    NCM_chg_mgtnode05.png

    5. Never Manage node(s) with NCMを確認し、Yesに変更

    NCM_chg_mgtnode06.png

     この項目が、NeverもしくはNoの場合、NCMの設定項目は非表示となっています。

     

    6. Connection Profileに監視対象機器へのアクセス情報を入力しテストをクリック

    NCM_chg_mgtnode07.png

     例:Ciscoルーターの設定例

    NCM_add_mgtnode09.png

    7. テストが成功したことを確認し、送信をクリック

     ノードを管理に戻りますので、NCM - LicensedがYesに変更されたことを確認します。

    NCM_chg_mgtnode08.png