ETS: SNMP Sweepを使う

Version 1

    この記事では、SNMP Sweepを紹介します。

    このツールは、エンジニアズ・ツールセットに含まれます。

     

    Ping Sweepと同じように特定のIPアドレス範囲に対し、SNMPによる情報取得を試みます。

    SNMPコミュニティ名は、事前に設定する必要があります。本記事下部の設定についても合わせてご確認ください。

     

    1. SNMP Sweepを起動し、IPアドレスを範囲指定します。

    SNMPSweep01.png

    2.

    SNMPSweep02.png

     

    設定について

     各種設定は、ウインドウ右上の下三角マークからGadget Settingsをクリックしてください。

     SNMPSweep07.png

     SNMPコミュニティ名は、事前に設定いただく必要があります。

     SNMPSweep03.png

     SNMPで情報を取得する前に、ICMP Echo Requestを実施します。下記は初期設定の値となります。

     SNMPSweep04.png

     SNMPのタイムアウト値と再送回数の初期設定値は下記となります。

     SNMPSweep05.png

     Scanner Settingsとして、DNS逆引きの実施の有無とICMPのリプライがないIPアドレスに対してSNMP取得を試みるか否かの設定となります。

    SNMPSweep06.png