製品全般:ライセンスのアクティベーション手順(オフライン)

Version 10

    ライセンスサーバーがインターネットアクセスできない場合

    ライセンスのオフライン・アクティベーション手順を案内します。

    ※オンライン・アクティベーションについては、こちらを参照ください。

     

    ヒント:以下の作業前に、ライセンスマネージャを最新バージョンに更新することを推奨します。

    ライセンスマネージャのダウンロード

     

     

    *** オフライン・アクティベーション手順 ***

     

    1. 製品が導入されているマシン上で、Solarwinds License Managerを起動します。

    (スタート > Solarwinds > Solarwinds License Manager)

     ※NPM v12.0.1以降などOrion 2016.2を採用した製品をご利用いただいている場合、License Managerは

     WEBコンソールに統合されております。下記をご参照ください。

     製品全般:WEBコンソールによるライセンスのアクティベーション手順(オフライン)

     

     

    2. 該当製品の右側の「Activate(或いはUpgrade)」をクリックします。

     

     

    3. インターネットにアクセスできない場合の選択肢があるので、そちらで進めます。

     

     

    4. [Copy Unique Machine ID]をクリックすると(画面には表示されませんが)IDが生成されるので、メモ帳などにPasteします。

      

      

     

    5. インターネットにアクセス可能なマシン上にこのIDを持っていき、SWIDとパスワードにてカスタマーポータルにログインします。

      Customer Portal Login | SolarWinds

     

    6. 上部メニューから License Management をクリックし、ライセンス管理画面に移動します。

    Menu_LicMng.png

     

    7. 該当製品キー下の、Activate license manually をクリックします。

      Offline.png

     

    8. Unique Machine IDに、4で取得したIDをそのまま貼り付け、必要事項をそれぞれ書き入れ

      (半角英数で入力してください)Generate License Fileをクリックします。

     

     

    9. 以下の画面でリンクをクリックし、生成される.licファイルを適当な場所に保存します。

     この際、ライセンスファイルは必ずダウンロードしてください。あとからダウンロードすることはできません。

     

     

    10. ライセンスファイルを生成した時点で、カスタマーポータル上ではアクティベーション状態になります。必ずステップ11まで実施してください。

    スクリーンショット 2016-05-31 13.18.23.png

     

     

    11. 上記手順で生成した.licファイルを製品をインストールしているマシン上にコピーし、ライセンスマネージャーから保存場所を指定しNextをクリックするとアクティベーション完了です。

     

    12. 保守有効期限の確認

     Maintenance Expiration(メンテナンス有効期限)が、カスタマーポータル上と同じになっていることを確認

     違っている場合、Updateからライセンス情報を更新してください。3番から11番までを実施します。

    スクリーンショット 2016-08-15 18.53.33.png

     

     

    [関連情報]

    全般: 購入後のカスタマーポータルへのご登録手順

    ライセンスマネージャーのアップデート方法