全般: WebコンソールでSSL接続を有効にする方法

Version 3

    以下は、Orion WebコンソールでSSL接続を有効にする手順です。

    概要は、Orion WebコンソールはIISを利用しているので、IISでhttps接続を有効にします。以下はWindows Server 2012 R2の例です。

     

    ※NPM12.1.0以降の場合、以下を参照のこと

      全般: Webコンソールのポート番号を変更する方法(httpsも含む)

     

     

     

    1. Orionサーバローカルにログインし、IISマネージャを起動する。

     

    2. サイト -> Orion Webサイトを選択 (以下はNPMの例)

     

    3. 画面右内のバインドをクリック

     

    4. 「追加」をクリックし、以下のように設定し、OK

     (種類:https、ポート:443を選択。SSL証明書はSolarWinds-Orionを選択した例)

     

    5. httpsが追加されている、バインド設定を閉じる

     

    6. SSL設定を開く

     

    7. 「SSLが必要」にチェックを入れ、画面右側の適用をクリック

     

    8. 再度Orion Webサイトを選択し、画面右側の「再起動」をクリック

     

     

    以上完了後、ブラウザから「https://{OrionのIPアドレス}」で接続を確認

    ※設定直後は画面表示がやや遅くなります。

     

     

     

    [参考情報]

    SolarWinds Knowledge Base :: Enabling SSL Connections on Windows Server 2012