IPAM 評価版のセットアップ

Version 3

    IPAM(IPアドレスマネージャー)のセットアップ方法をご説明致します。

    ※本ドキュメントは、Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard 評価版[日本語](2016年11月30日時点全パッチ適用)上での画面となります。

     

    1.) IPAMをセットアップして、ウェブブラウザでアクセスします。ログインします。

    1.png

     

    2.) ログイン後は検出セントラルが表示されます。

      2.png

     

    3.) ”MY DASHBOARD"をクリックし、"IPAM Summary"をクリックします。

    3.png

     

    4.) ”Getting Start with IP Address Management"の"Add Subnets & IP Address"で”ADD SUBNETS"をクリックします。

    4.png

     

    5.) 3つの方法からサブネットとIPアドレスの追加方法を選択します。

     Discover routers & poll subnets and IP addresses from them: ルータからSNMPにてサブネット情報を取得し設定する

     Import subnets & IP addresses from a spreadsheet: CSV、エクセル(.xls、.xlsx)ファイルをインポートする

     Add subnets manually: サブネットを手動で登録する

     本ガイドでは手動登録を案内します。"Add subnet manually"を選択し"次へ"をクリックします。

     他の手順については、下記をご参照ください。

     IPアドレス表をインポートする方法

      

      5.png

     

    6.) 追加するサブネットを定義します。

      以下の入力スペースにサブネットを記載します。

      15.png

    7.) サブネット入力したら、「PARSE AND SHOW RESULTS BELOW」をクリックしてください。

     下部にIPアドレスに対応するサブネットが表示されます。

    検出されたサブネットに対して、チェックボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。

      16.png

     

    8.) サブネットの設定を行います。問題なければ「完了」をクリックします。

      17.png

     

    9.) IPアドレスの検出が完了しました。これで基本的な設定は終了です。

      9.png

     

    10.) 左側のネットワークアドレスをクリックすると、ネットワーク内のIPアドレスのステータスやHostnameや応答時間も表示します。

      11.png

     

    11.) ネットワークのチャートビューを見ることもできます。

      18.png

     

    12.) サブネットに関しては名称を付けることも可能です。「Subnet Name」のところに名称入れて「Save」をすると登録ができます。

      13.png

     

    14.png

     

    13.) 同様に「DHCP & DNS Management」を選択すると、DHCPやDNSを管理することが可能です。手動または自動検出で対応可能です。

      19.png