IPAM 評価版のインストール

Version 6

    IPAM(IPアドレスモニター)のインストール方法をご説明致します。

    ※本ドキュメントは、Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard 評価版[日本語](2016年11月30日時点全パッチ適用)上での画面となります。

     

    ※IPAM v4.3.2以降は、.NET Framework 3.5を利用しません。よって.NET Framework 3.5は、インストールパッケージに含まれなくなりました。

     しかしながら、IPAM検証用インストーラでIPAM v4.3.2と一緒にMS SQL Express 2014をインストールする場合は、MS SQL Expressが.NET Framework 3.5を必要とします。

     こちらの記事を参照の上、事前に.NET Framework 3.5をインストールしてください。

     

      なお、記載の手順はブートストラップのインストーラですのでインターネット接続が必須となります。

     

    0.) IP Address Manager(IPAM)の無料トライアル版をSolarWindsからダウンロード からファイルを入手します。

      上記は、最新版のダウンロードリンクとなります。下記に表示しているバージョンと違う場合がございます。

     

    1.) SolarWinds-IPAM-v4.3.2-Eval.exeを右クリックし、 "管理者として実行" をクリックします。

    1.png

     

    2.) このようなバナーが表示されます。

      2.png

     

    3.) インストールウィザードが起動します。そのまま“Next”をクリックします。

      3.png

    4.) "Select Install Method"におきましては、"Express Install" そのままで、"Next" をクリックします。

    4.png

     

    5.) OSの言語を検出して、自動的に日本語になっています。デフォルトパスで問題ありませんので、"Next" をクリックします。

    5.png

     

    6.) ライセンス契約書の画面です。

      6.png

     

    7.) ライセンス契約書の内容に問題がなければ、四角の枠にチェックを入れて"Next"をクリックします。

      7.png

     

    8.) ファイルのコピーの開始を行います。"Next"をクリックします。

      8.png

     

    9.) インストールが始まります。このインストール画面はマシンスペックによりますが、10分~20分ほどかかる場合がございます。

      9.png

    10.) インストールが完了すると、つづいて、IIS8 がインストールされます。

      10.png

     

    11.) 完了後、Configuration Wizard が読み込まれます。

     

     

    12.) SolarWinds Configuration Wizard が起動して設定が行われます。しばらく待ちます。

      この画面はマシンスペックによりますが、2,3分~5分ぐらいかかる場合がございます。

      11.png

     

    13.) 設定ウィザード完了画面となります。 "Finish" をクリックします。

      12.png

     

    14.) 設定ウィザード完了画面がしばらく表示されますが、バックアップファイルが消去されるとそのまま消えます。

    13.png

     

    15.) 下記画面 Orion Web コンソール が表示されればインストール完了となります。

      14.png

     

     

    [参考情報](展開したzipファイルの中に入っています)

    SolarWinds IP Address Manager 4.3.2 Release Notes

    Solarwinds IP Address Manager Administrator Guide

    SolarWinds Orion IP Address Manager Evaluation Guide