VMAN評価版のセットアップ(その2)

Version 1

    IVIMとVMANアプライアンスの統合

    IVIMをインストール後の画面です。こちらの状態ではVMANから情報が収集できる状態になっていません。

    こちら(ORION Console)の画面から、VMANとの統合を行います。

      

    1.) 仮想化統合の設定

    右上にある「設定」から仮想化統合を行います。

     

    2.) 製品固有の設定に「仮想化統合」があるので、クリックします。

     

    3.) Virtualization Manager統合の項目に「Virtualization Manager統合を設定」をクリックします。

     

    4.) Virtualization Manager統合の設定を行います。インストール時に設定したVMANアプライアンスのIPアドレスと資格情報を入力してください。

    入力後は「統合」のボタンをクリックする前に「テスト接続」のボタンをクリックしてください。

     

    「テスト接続」をクリックした際に、ORIONのホスト名またはIPアドレスを入力する場合がございます。その場合はIVIMをインストールしたIPアドレスを入力してください。

     

    テスト接続成功すると、以下のアイコンが表示されます。その後に「統合」ボタンをクリックしてください。

     

    5.) Virtualization Managerを同期する画面が表示されます。こちらでは「推奨:OrionですべてのVirtualization Managerノードを表示します」を選択して「次へ」をクリックします。

     

    設定した情報を確認する画面です。問題なければ右下の「終了」をクリックします。

     

     

    6.) 同期プロセスが開始します。ノード数にもよりますが数分間お待ちください。

     

    終了するとこのようになります。

     

    コンソールの上部に「仮想化」のタブが出てきます。(上図)仮想化タブをクリックすると、仮想化のモニタされた情報が出てきます。(下図)

     

    これで、IVIMとVMANが統合されました。

     

    [参考情報](展開したzipファイルの中に入っています)

    Solarwinds VMAN Online Administrator Guide