Orion製品全般: SolarWinds設定ウィザード

Version 14

    ■ 概要

     

    本文章は、SolarWinds 「設定ウィザード」の解説となります。主に障害復旧や設定変更などで実行致します。

     

     実行目的

     

    - 障害復旧

    - Orionサーバー設定変更 (IPアドレス、データーベース接続先、ウェブサイトHTTPS化など)

     

     

    ■ 解説

     

    設定ウィザードを起動すると以下3つのチェックボックスがあります。

     

    - データベース

    - Webサイト

    - サービス

     

    これら3つのいずれか、または、すべてに対して設定ウィザードの実行が可能となりますが、

    難しい手順は無く、確認しながら、次へ次へをクリックするのみとなります。(基本はすべてチェック

     

    ※ 本ウィザード実行前はすべてのアプリケーションを閉じておく必要があります。

    また、実行中はサービスが停止しますのでメンテナンスタイムを設けて実行をお願い致します。

    実行前はDBのバックアップしておくことを推奨致します。 (*Web サイトだけのチェックを入れてもサービスは一時停止します)

     

    どの製品、バージョンでも基本的に同じですが、本資料を作成した時の環境を示します。

     

    環境: Windows Server 2012 R2 評価版 (日本語)

    製品: NPM 11.5.2 , NTA 4.1.1 評価版 (日本語)

     

     

    ■ 実行時間

     

    おおよその実行時間ですが、アプリケーションサーバーとデーターベースサーバー、それぞれの環境に応じて変わります。

    さまざまなお客様環境を見させていただいた経験上、早い環境~平均的な環境ですと、おおよそ5~10分程度となり、また、遅い環境ですと完了まで30分以上かかるケースも御座いました。

    一概にはどれぐらいかかるとはいえませんので、過去一度でも実行された時間を記録しておいていただいて、それを元としていただきます様お願い致します。

    (あくまでも参考時間となり、実際のお客様環境での実行時間を保証するものではありません)

     

     

    ■ 障害復旧

     

    - Orion Platform 2015.1.3 (-NPM 11.5.3) までの環境: 事前に、Orion: .Net Framework キャッシュ削除  を実施してください。 [項番 11-1.]

    - Orion Platform 2016.1.5 (NPM 12.0-) 以上の環境: そのまま設定ウィザードしてください。(.Net Framwork キャッシュ削除が実行されます)    [項番 11-2. / 11-3.]

     

     

    ■ 事前確認

     

    • SQL Serverデータベースインスタンスを指定していることを確認します。
    • 構成ウィザード実行中に、インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャが開いていないことを確認します。(IISサービス実行でないとCWは稼働しません)
    • 設定ウィザードを開始する前に、Webコンソールで閲覧しているセッションをすべて終了することをお勧めします。
    • 設定中、Orionポーリングエンジンは一時的にシャットダウンし、ポーリング実行を行っている場合、ポーリングデータが失われる可能性があります。
    • この一時的なポーリング停止の影響を最小限に抑えるために、ネットワークが一番負荷の低い時間帯にアップグレードを実行することをお勧めします。

     

     

    ■ 実行手順

     

    1. Orion サーバーに、管理者権限でログインします。(可能な限り、ローカルの管理者権限を使用することを推奨致します)

    ※ 一部の権限をもっていないユーザーが実行するとファイルが置き換わらずトラブルが発生することが報告されております。

     

    2. スタートボタンをクリックします。

    1.png

     

    3. 詳細を表示するため、下矢印をクリックします。

    2.png

     

    4. アプリ 名前順で表示されている、"SolarWinds Orion" グループにある "設定ウィザード" をクリックします。

    NPM_conf_w_00.png

     

    5. "設定ウィザードの読み込み" が始まります。

    NPM_conf_w_000.PNG

     

    6. "SolarWinds設定ウィザード" が起動します。

    ※ 実行中はサービスが停止しますのでメンテナンスタイムを設けて実行して頂ますようお願い致します。

    NPM_conf_w_000001.PNG

     

    7. 基本すべてにチェックを入れてください。そして、次へをクリックして下さい。

    NPM_conf_w_002.PNG

     

    8. "データベース設定" において、正しい認証を入れてください。

    ※参考: ここで指定するアカウント/パスワードは、SQL Serverへのログインです。saアカウント/パスワードの利用を推奨します

    NPM_conf_w_003.PNG

    エラーになる場合は、データベース管理者権限 sa にてログインしてください。

    NPM_conf_w_004.PNG

     

    9. "既存のデータベースを使用" にて、現在のデータベースを確認して "次へ" をクリックします。

    (初期設定のデータベース名は、"SolarWindsOrion" となります。本画面は名前変更しておりお客様環境と異なります)

    NPM_conf_w_005.PNG

     

    10. "既存のアカウントを使用" を確認して、そのまま、"次へ" をクリックします。

    ※参考: ここで指定するアカウント/パスワードは、SQL上に構成されたOrionDatabaseへのアクセス用クレデンシャルです。saでも利用できますが、別アカウントを利用することを推奨します

    NPM_conf_w_006.PNG

     

    11. "ウェブサイト設定" を確認して、そのまま、"次へ" をクリックします。

    (Webアクセスのポートを 8787 や 8080 などから変更したい場合は、"HTTPバインディングのスキップ" のチェックを外してポートを 80 にします)

    (参考:Configuration wizard to change the website port - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support )

     

    11-1. NPM 11.5.3 までの環境画面

    NPM_conf_w_008.PNG

     

    11-2. NPM 12.0 および 12.0.1 環境画面

    ※ NPM 12.0 から、「Clear the ASP.Net temporary files」(.Net Framwork キャッシュ削除)がデフォルト有効となっております。

     

    11-3. NPM 12.1 環境画面

    NPM12.1_CW1.png

     

    - HTTPS接続に切り替える場合は、"HTTPバインディングのスキップ" をチェックを外して、"Enable HTTPS" にチェックを入れます。

    # What's this? -> Enable secure channels with SSL

    NPM12.1_CW2.png

    ※ HTTPS から HTTP に戻すときは、「HTTPバインディングのスキップ」をチェック外して、「ポート」80 に変更後、「Enable HTTPS」 のチェックを外します。

     

     

    12. 現在の情報を読み取って以下メッセージがホップアップされますが、"はい" をクリックします。

    NPM_conf_w_009.PNG

     

    13. "サービス設定" を確認して、そのまま、"次へ" クリックします。

    NPM_conf_w_010.PNG

     

    14. NTA をインストールしている場合は、"NTA Flow Storage Configuration" が表示されます。

    FSDB(Flow Storage DataBase) の場所を確認して、そのまま、"次へ" をクリックします。

    NPM_conf_w_011.PNG

     

    15. "Orion設定ウィザードの完了" となります。 "次へ" をクリックすると各項目に対してアクションが実行されます。

    NPM_conf_w_012.PNG

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    データベース:

      ・  OrionデータベースSolarWindsOrion_107_NPM11.5.2_jpはCOCHMAで修復されます

     

    Webサイト:

      ・  ファイルはCInetPubSolarWindsに保存されます

      ・  Windows認証を使用する自動ログインは無効です

     

    サービス:

      ・  SolarWindsR Alerting Serviceが再インストールされます

      ・  SolarWindsの警告サービスV2が再インストールされます

      ・  SolarWinds Syslog Serviceが再インストールされます

      ・  SolarWinds Trap Serviceが再インストールされます

      ・  Orion Job Engine プラグインが再インストールされます

      ・  SolarWinds Module Engine Serviceが再インストールされます

      ・  エージェント管理サービスが再インストールされます

      ・  Orion Information Service プラグインが再インストールされます

      ・  Orion Collector プラグインが再インストールされます

      ・  ライセンス マネージャーが再インストールされます

      ・  VIMアラート スキーマが再インストールされます

      ・  VIMモジュール プラグインが再インストールされます

      ・  VIM Collectorプラグインが再インストールされます

      ・  VIM Job Engine プラグインが再インストールされます

      ・  NPM Collector プラグインが再インストールされます

      ・  NPM JobEngine プラグインが再インストールされます

      ・  QoEコレクター センサーが再インストールされます

      ・  SolarWinds NetFlow Traffic Analyzer サービスが再インストールされます

    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     

    16. おおよそ10~15分前後かかりますので、しばらく待ちます。

    NPM_conf_w_014.PNG

    NPM_conf_w_015.PNG

    NPM_conf_w_018.PNG

    NPM_conf_w_021.PNG

    NPM_conf_w_027.PNG

     

    17. SolarWinds設定ウィザードで一番時間がかかる処理 "Webサイト最適化" となります。 (本処理がおおよそ10分程度)

    このプロセスはCPUをフルに使用して最適化を行っておりますので、マシンをさわらずにそのまま待ってください。

    もしWebサイト最適化のスキップをした場合は、Orion Web Console が遅くなるケースが御座います。

    NPM_conf_w_028.PNG

     

    18. "Orion設定ウィザードの完了" となります。 「Orion Webコンソールの起動」のチェックをはずして、"終了" をクリックします。

    NPM_conf_w_029.PNG

     

    19. 設定ウィザード完了後、バックグラウンドプロセスが安定するまで 5 分ほど待ちます。

     

    20. Orion Web Console が問題なく起動して、ログインできることを確認ください。

     ※ 設定ウィザード直後は、Web最適化を行っておりますが内部キャッシュがクリアされておりますので使用はじめて数時間は重いと感じる場合が御座います。

    NPM_conf_w_030.PNG

     

     

    ■ 参考情報

     

    Complete the Configuration Wizard

    Run the Orion Configuration Wizard - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support

    Configuration wizard to change the website port - SolarWinds Worldwide, LLC. Help and Support

    Run the Configuration Wizard - NPM