全般: 指定のノードだけを専用のビューで表示させる方法

Version 5

    CPUやメモリの情報を取得できない機器(例:日本国内専用メーカの機器、プリンタやUPSなどのネットワーク機器でなないデバイス等)をSNMP/ICMPノードとして登録すると、それらのノード詳細ページに「情報が取得できない」旨のコンテンツが表示されることがあります。

    これらの機器に対し、不要なリソースを外したりユニバーサルデバイスポーラーのグラフだけを表示させるような専用のビューを作成して割り当てることで、見栄えを良くすることができます。

     

     

    1. 設定->新規ビューを追加

     

    2. 適宜名前をつけ、ノードの詳細を選択し、[送信]

     

    3. 列の追加や、リソース、左のナビゲーションを適宜構成し、[完了]

     

    4. このビューで表示させたいノードの詳細ページを開き、[ノードの編集]

     

    5. 「このノードの詳細を表示するのに使用されるビューのタイプ」から、上で作成したビューを選択し、[送信]

     

     

    以上で、指定のノードのみ専用のビューで表示させることが可能です。

     

     

    ヒント:

    * デフォルトのビューを元に専用ビューを作成する方法は以下

    全般: デフォルトのビューを複製・編集して、特定のオブジェクトのみに適用する方法

    * ノードの管理から、複数のノードを指定し[編集]をかければ、複数のノードに対し一括で変更が可能

    * カスタムプロパティを合わせて用いることで、特定の条件のノード(例:地域など)に対して、特定のビューで表示させることも可能

    カスタムプロパティ クイックビュー