NPM: ディスカバリー(検出)プロセス クイックビュー

Version 3

    NPM導入直後には、Webコンソールにログインし、監視対象を検出(Discovery)させるプロセスに移ります。

     

    (当URL情報と重複している部分も多くあります-> NPM: Network Sonar ウィザード (初期設定)

     

     

    ディスカバリー前に、各監視デバイスの以下を確認しておく

      - ICMP(ping)可能であること

      - SNMPアクセスが可能で、バージョン、コミュニティ名が設定されてあること

      - WMIが有効であること(Windowsサーバの場合)

      - vCenter、ESXiへのアクセス情報(ログインID/パスワード)

     

    参考:Windows Server : SNMP 設定方法

     

     

    1. Webコンソール初回ログイン時は、「ユーザー名:admin、パスワード:{空白}」でログイン可能。

     ※導入完了直後は、NPMサーバのCPU使用率が一時的に高くなっているので、これが治まってからWebログインするのが良い

     ※画面下部には、導入製品のバージョンが確認できる。技術サポート問い合わせ時などに活用可能

     全般:Orion製品のバージョン確認方法

     

    2. ホームタブ内 以下の「マイネットワークの検出」から進む

    ※設定-> Network Sonar Discovery からでも同様に進めることができる

     

     

    3. SNMP認証情報に対し、デフォルトでpublic, privateのコミュニティ名が設定されている。必要に応じて追加・編集・削除が可能。

     

     

    4. Agentを利用した監視を実施する場合、ディスカバリーに含めることができる。

    ※初回プロセスにおいては、通常は利用しないので、チェックをいれずに進める。

     

     

    5. VMware(vCenter, ESXi)の監視を含める場合に、ここでアクセス情報(ログインユーザ名/パスワード)を追加する。不要な場合はチェックを外す

     

     

    6. WMIを用いる監視を含める場合、ここでアクセス情報(ログインユーザ名/パスワード)を追加する。不要な場合はチェックを外す

    ※注:WMI監視の場合は、インターフェイスを項目に含むことはできない。Windowsマシンのインターフェイスを監視したい場合はSNMPを用いる

     

     

    7. ネットワークの検出範囲を指定

    ※指定方法は、IPレンジ、サブネット、特定のノードの3択の内1つを選択する。

    ※既に監視対象リストをExcelやテキストで作成されているなら、「特定のノード」に貼り付けるのが便利。

     

     

    8. 検出設定値の確認。ここではほとんど触る必要はない。(必要に応じて後からの変更可能)

    ※SNMPやWMIに反応せず、ICMP(Ping)応答のみするデバイスに対し、これらを監視対象とする必要がない場合は、以下赤枠部分のチェックを入れる

     

     

    9. 検出スケジュールの設定。(デフォルトは初回の「1回」のみ)

    ※検出範囲を、IPレンジやサブネットで指定した場合、デフォルトの「1回」だと、その後の機器追加時に自動で検出されないので、運用指針に応じてここを変更する。

    ※検出プロセスは1日1回のみ負荷の少ない時間帯に行うのが妥当。

    ※ノードのホスト名チェックなど、一部のノード情報は検出スケジュール(再検出)によって更新される

      参考:全般: ホスト名が表示されない

     

     

     

    10. 検出プロセスが走る

     

     

    11. 検出結果から監視項目の選択のプロセスに移る

     

     

    12. 監視対象インターフェイスの選択: 検出された項目に対し、監視必要/不要な項目を選択できる。

    ※選択項目を条件でソートし、監視対象とすることも可能

    ※グループ化基準を「ノード名」に変更することで、ノードごとの表示になり、見やすい

     

     

    13. 監視対象ボリュームの選択

    ※固定ディスクとは、OS上の論理ドライブを指す。(C:ドライブなど)

     

     

    14. 監視項目のインポート内容をレビュー

     

     

    15. インポートの完了

    ※監視対象量により完了時間は異なるが、長くても30分前後程度あれば完了する

     

     

    16. 「終了」をクリックし、ホームタブ内 「全てのノード」を見ると、監視が開始されていることを確認できる。

    ※監視対象のポーリング結果がある程度出揃うのに、15分程度待つのが良い

     

     

    17. その他:

    ・ディスカバリー・プロセスは、複数設定することが可能。(サーバマシンのみ、VMwareのみ、サブネットによって分ける、など、運用に応じて適宜設定可能)