NPM/SAM: Virtualization Manager(VMan)の統合プロセス

Version 3

    以下の各バージョンにて、NPM/SAM + VMan

    の統合が可能です。

    NPM v11.5 以降

    SAM v6.2 以降

    VMan v6.2 以降

     

     

     

    Webコンソール-> 設定-> 仮想化設定-> Virtualization Manager統合を設定

    VManへのアクセス情報の入力

     

    「テスト接続」でVManとの接続を確認する

     

    ※接続失敗が表示される場合、NPM/SAMサーバ自身のIPアドレスを手動で入力する

     

    同期ウィザード。同期内容を設定したい場合は、「高度な設定」で進める。

     

    同期内容のレビューを確認する

     

    同期プロセスの完了

     

     


    NPM又はSAMの環境にVManを統合することで、以下のようなことが可能になります。

     

    VManで取得されるデータストア、スプロールの情報を、Orion Webコンソール上に日本語で表示

     (例)

     

     

    VManのタイムトラベル機能を、Webコンソール上に表示

     

    VManで取得されるデータで、NPM/SAMサーバのアラートやレポートに活用できる

     

    ・仮想マシンに対する操作が可能

     

    VMan監視下のホストや仮想マシンを、NPM/SAMサーバのノードとして取り込むことができる


    AppStack機能(詳細は以下のリンク)

    https://thwack.solarwinds.com/groups/japan/blog/2015/06/28/application-stack-app-stack-%E6%A9%9F%E8%83%BD%E7%B4%B9%E4%BB%8B




    [関連情報]

    VMAN 評価版のインストール

    VMAN評価版のセットアップ(その1)

    VMAN評価版のセットアップ(その2)