VMan: 仮想アプライアンス用(管理)コンソール

Version 1

    Virtualization Manager(VMan)には、通常の運用監視で利用するコンソール以外に、VManの仮想アプライアンス自身の管理コンソールがあります。

     

     

    アクセス方法

     https://{VManのIPアドレス}:5480

     

    ログイン画面が表示され、通常のAdmin権限でログインする

     

    以下のような画面構成

    ※上の通り、VManの仮想アプライアンスはCentOSで動作していることがわかります。

     

     

    この管理コンソールでは以下のようなことができます。

    ・VMan仮想アプライアンスの再起動、シャットダウン

    ・タイムゾーンの変更

    ・ネットワーク設定(IPアドレス、プロキシ設定など)

    ・VManのアップグレード、HotFixの適用

    ・CPU/メモリの利用状況、バンドルログの取得

     

    ※サポートにおけるログ取得・調査の場合、以下のBundle Logの取得をお願いすることがあります。