Orion Platform 2015.1 HotFix 3

Version 1

    ■ Customer Portal

     

    NPM11.5、SAM6.2、WPM2.2、SRM6.0、VIM2.0 いずれかを実行している場合は、Orion Platform 2015.1 HotFix 3 を適用してください。

     

    ・Orion Platform 2015.1 HotFix 1  または Hotfix 2 を適用している場合は、Orion Platform 2015.1 HotFix 3 に置き換えてください。

    ・この修正プログラムは、アラート、スケジューリング、インタフェースの削除に関連する問題に対処いたします。

    ・詳細については、修正プログラムに含まれている readme をご確認いただくか、KB6273 の記事を参照してください。

     

     

    ■ knowledgebase (KB)

     

    Orion Platform 2015.1 HotFix 3

    http://knowledgebase.solarwinds.com/kb/questions/6273/

     

    Orion Platform 2015.1 HotFix 3


    Orion Platform 2015.1 HotFix 3 は累積的な修正プログラムで、HotFix 1 および HotFix 2 の修正に加えて、以下の問題を修正しております。


    • 電子メールのアクションで、「From」フィールド変数が機能しません。
    • リセット電子メール通知で、誤ったノードステータスとなります。
    • Orion Platform 2015.1 にアップグレードした後、インターフェイスを削除するができなくなります。


    Orion Platform 2015.1 HotFix 1 と Orion Platform 2015.1 HotFix 2 で問題を修正しているものも含まれます。


    • Web ベースアラートは、イベントベースのアラートで時刻設定していても正しく動作しません。 (HotFix 1)
    • 夏時間を変更すると、BusinessLayer サービスがクラッシュします。(システムが動作しません)

       これは、DST シフトが起こる 日/週/月 午前2時~3時にスケジュールされたレポートによって引き起こされます (HotFix 2)


    *Orion Platform 2015.1 Hotfix 2 ログメッセージの例
    ERROR SolarWinds.BusinessLayerHost.BusinessLayerHostService - Unhandled exception caught by business layer host.

    System.ArgumentException: The supplied DateTime represents an invalid time.  For example, when the clock is adjusted forward, any time in the period that is skipped is invalid.


    これらの SolarWinds 製品いずれかを使用している場合は、この修正プログラムを適用します。


    • NPM 11.5
    • SAM 6.2
    • WPM 2.2
    • SRM 6.0
    • VIM 2.0


    注意事項:

    • Orion Platform 2015.1 HotFix 1 または HotFix 2 を適用する必要はありません。
    • この修正プログラムは、メインポーラーのサーバーのみに適用してください。
    • 同一サーバー上で複数のSolarWinds 製品を、一度この修正プログラムを適用します。
    • このホットフィックスは、SolarWinds Orion Core 2015.1 が必要となります。


    修正プログラムをインストールするには:

    1. Customer Portal Login | SolarWinds  から修正プログラムをダウンロードしてください。
    2. アーカイブを展開して Readme.txt に記載している手順で行ってください。

    OrionPlatform-2015.1-HotFix3.png

     

    ■ 参考情報


    Orion Platform 2015.1 Hotfix 3 - Now Available