デフォルトでは用意されていない表やグラフを、管理コンソールに作成する方法

Version 2

    カスタムテーブルやカスタムグラフを利用します。

    以下は例として、「送信量 インターフェイス トップ5 」を表示する方法です。

     

    1. 該当のページを表示し(例:ホームタブ->トップ10)、ページをカスタマイズをクリック

     

    2. 表示させたい列の緑十字アイコンをクリック

     

     

    3. 「カスタム」で検索すると、カスタムグラフ、カスタムテーブルなどの種類が表示される。

     今回は表なので、「カスタムテーブル」を選択し、進める

     

     

    4. カスタムテーブルが追加される。適宜順番を変更し、「完了」で元のページに戻る

     

     

    5. カスタムテーブルが追加される。「編集」をクリック

     

     

    6. 「データソースを選択」をクリック

     

     

    7. 今回は「トップ10」であり、特定の対象では無い為、Dynamic Query Builderを選択し、レポート作成対象を「インターフェイス」とする。

     

     

    8. 「列を追加」をクリック

     

     

    9. 表示させたい項目を探して選択する。 (この例では送信量を表示させたいので「送信バイト数合計」を選択)

     

     

    10. ノード名、その他必要に応じて列を増やす

     

     「詳細を表示」内では、単位など細かい設定が可能

     

     ここでは、送信量の降順で並べ替えし、トップ5とした。「送信」をクリック

     

     

    11. 以下のような結果が得られる

     

     

     

    ヒント:

    Web-basedレポートが応用されている。Web-based レポート クイックビュー 1