特定のノードのみ閲覧できるユーザアカウントの作成方法

Version 1

    「カスタムプロパティ」と「アカウント制限ビルダー」を利用します。

    ここでは、地域が「東京」のノードのみ閲覧可能なユーザ「TokyoAdmin」を作成します。

     

     

    1. カスタムプロパティで、該当のノードに対し、地域「東京」を設定

    ・詳細は以下リンクを参照

     カスタムプロパティ クイックビュー

     

     

    2. アカウント制限ビルダーの設定

    ・アカウント制限ビルダーを起動

     

    ・Start -> Add

    ・Custom Propertyから、1で設定したプロパティ名(ここではNodeの地域)を選択する

     ->以下のように、その他の箇所は自動で入るが、必要に応じて書き換える。Selection MethodはCheck boxesで構わない(変更も可能)

     

    ・作成した分がリストに現れる。(ここで、アカウント制限ビルダーを閉じても良い)

     

     

     

    3. 制限ユーザアカウントの作成

    ・アドミン権限アカウントでログイン -> Webコンソール -> 設定 -> アカウントの管理

     

     

    ・新しいアカウントを追加

     

    ・Orion個別アカウントを選択し、[次へ]

     

    ・ユーザ名、パスワードを適宜設定し、[次へ]

     

    ・「設定の定義」にて、[制限の追加]をクリック

     

    ・2で作成した制限を選択して、[続ける]

     

    ・[東京]を選択し、[送信]

     

    ・「設定の定義」に戻る。必要に応じて他の項目にも制限をかけること可能。特になければ[送信]をクリック

     

    ・新規アカウントが作成されたことを確認

     

    ・一旦ログアウト後、作成したユーザアカウントでログイン

     

    ・該当のノードしか表示されていないことが確認できる

     

     

    参考:

    グループ化と併用するなどで、より管理がしやすくなる。

    グループ作成 クイックビュー