Web Performance Monitor (WPM)で、Webページを監視する手順を教えてください。

Version 1

    Q: Web Performance Monitor (WPM)で、サイトを監視する手順を教えてください。

     

    A: 以下は、WPMで監視したいWebサイトのTransaction(シナリオ)作成方法と、監視対象として登録するまでの、手順を簡潔にしるしたものです。

     

    WPM Recorder起動

      

    WPMサーバへのWebコンソール情報の入力

     

     

    WPM Recorder起動後、監視したいWebサイトのURLを入力し、Recordボタン押す

     

     

    Recording状態となり、最初のページが表示される。画面右側にはTransactionStepStep内のアクションが記録される

     

     

    ・監視したいTransactionが取り終えたら、停止ボタンを押す

     

     

    PlaybackしてRecording内容を確認する。

     

     

     

    Replayの結果が表示される

     

     

    Transactionに名前をつけてSaveする

     

       

    WPMサーバWebコンソールにログインし、WPMタブ->Manage Transactionをクリック

     

     

    Add Monitorをクリック

     

     

    ・作成したTransactionを選択し、次へ

     

     

    LocationPlayerの場所)を選択し、次へ (Location StatusPlayerの状態を確認可能)

     

     

    ・各Stepの閾値と、Playbackインターバルの確認。必要であれば編集し、次へ

     

     

    ・特に必要なければ、Save Monitorで監視登録完了

     

     

    ・登録直後は、Statusが不明の状態、しばらく後からTransactionの監視が開始される

     

     

    ・監視が開始された状態