NPM 11.5 新機能の画面キャプチャー紹介

Version 2

    本文章は、NPM 11.5 新機能や初期設定の一部を画像をもちいて表示します。

    便利な機能な多々追加されておりますので、ぜひとも、ご確認いただければと思います。

     

     

    ■ NPM 11.5 新機能

    NPMv11.5_new.png

     

    Cisco ワイヤレス コントローラのワイヤレス ヒートマップを構築し、Orionでそれらを直ちに表示する

    • 信号カバレッジを視覚化してから、不良カバレッジ エリアを見つけ、そしてそれらを改善して良好な品質のカバレッジを確保する。 » 詳細を表示
    • ホットスポットの発見やトラブルシューティングのために、ワイヤレス クライアントを直接にマップに表示する。 » 詳細を表示

      自動化された依存性のマッピング:

    • 依存するオブジェクトからのアラートを自動的に抑制し、根本的な原因に焦点を当てる。

      容量予測:

    • 容量を自動的に予測する。将来の容量問題はあなたのユーザーに影響を与える前に特定される。 » 詳細を表示

      新規アラート エンジン

    • 新規ウェブベースの条件ビルダーを使用してアラートを作成する。
    • 同じアラートに複数のオブジェクト タイプを組み合わせる

    WorldMapsでの自動ジオロケーション

    • NPMは、SNMP ロケーション フィールドに基づいて自動的に世界地図のリソースにノードを配置する。

      個々のノードのハードウェア ヘルス モニタを有効化、無効化、または調整する。 » 詳細を表示

     

    ポーラー向上の管理:

    • お使いの環境にある新規または稀なデバイスが不明なデバイスとして現れていますか?SysOID に基づいてそれらを自動的に識別するようにNPMを設定する。 » 詳細を表示
    • カスタム OID を使用して、CPUとRAM フィールドに入力 » 詳細を表示

    インタフェース状態を監視し、タイムラインに表示。インタフェース UP / DOWN のログをこれからコーミングしません! » 詳細を表示

     

    お使いの環境全体のインターフェイス デュプレックス ミスマッチをこれまでないように検出する。 » 詳細を表示

     

      必須カスタム プロパティ

    • プロビジョニングの見落としを避けるために、カスタム プロパティを必須とマークする

     

     

    ■ ワイヤレス  ヒートマップ

    NPMv11.5_wireless_heatmap.png

    Cisco ワイヤレスコントローラー対応

     

    マップを用いて作っていただくとこのような表示となります。

    WLHM.png

     

     

    ■ Thwack 最新 NPM 記事

    NPMv11.5_thwack_npm.png

     

    ■ Thwack 最新 UDP (ユニバーサル デバイス ポーラー)

    NPMv11.5_thwack_UDP.png

     

    ■ アラートの管理

     

    ・多くのご要望があった機能で、Web コンソールからアラートの設定ができるようになりました!

     

    NPMv11.5_alart.png

     

    そして、アラートの作成や編集がイメージしやすく設定が分かりやすいです!

     

    NPMv11.5_alart-edit.png

     

    作成されているアラートの抜粋。

     

     アラート定義の詳細 : 高応答時間

     

    NPMv11.5_alert-definition.png

     

    アラートのステータス概要はこちら (例)

     

    NPMv11.5_alert-status.png

     

    ここまで、一部となりますが、ご参考いただければ幸いです。

     

     

    ■ 関連情報

     

    NPM 11.5 Now Available

     

    NPM v11.5の発表