SolarWinds トライアルキャンペーン

Version 6

    容易な操作・幅広い機能・マルチベンダー対応

    費用対効果に優れた企業向けシステム管理ソフトウェア

    solarwinds.png

     

    システム管理者様向け

    SolarWinds Try&Postキャンペーン

    導入かんたん! 新世代の管理ツールを試して、Amazonギフト券を当てよう!

     

     

     

    ◆ TRY キャンペーン ◆

     

    30日間無償評価版をダウンロードされたかた

    合計200名様にAmazonギフト券(1,000円分)が当たる!

     

    ▼応募方法▼

    • 下記いずれかの製品評価版を、お客様のご連絡先情報をご登録の上ダウンロードし、起動してください。
    • 4月~8月の毎月1日に抽選を行います。当選者様にはメール(不通の場合電話)にてご連絡を差し上げ、Amazonギフト券を送付いたします。
    • 締切は2015年8月1日午前9時、当選のご連絡・発送は、抽選月の初旬とさせていただきます。

     

    ▼対象製品リンク▼

     

     

     

    ◆ POST キャンペーン ◆

     

    製品をトライアルした感想を、Thwackコミュニティに投稿

    有意かつ良質なレポートを投稿していただいたかた、合計20名様にAmazonギフト券(2,000円分)が当たる!

     

    ▼応募方法▼

    • 弊社の運営するシステム管理技術コミュニティ "Thwack" にご登録ください。
      • 登録はこちらから。
      • TRYキャンペーンと同じメールアドレスでご参加ください。
      • 登録した会社情報などは公開されません。
      • 公開用の登録者名に、会社所属などが判る単語は含めないようご注意ください。
    • 『技術コミュニティ』グループに、TRYキャンペーンでダウンロードした製品の感想を投稿してください。
      1. 『技術コミュニティ』にアクセス(要ログイン)。
      2. 「技術コミュニティに質問する」欄に、『(製品名)トライアルレポート』と記入し、「質問する」をクリック。
      3. 本文の書き込みが可能になります。
    • 5月~9月の毎月初旬に審査を行い、審査通過者多数の場合は抽選を行います。
    • 当選者様にはメール(不通の場合電話)にてご連絡を差し上げ、Amazonギフト券を送付いたします。
    • 締切は2015年9月1日午前9時、当選のご連絡・発送は、審査月の中旬とさせていただきます。

     

     

    ▼投稿内容▼

    • 検証環境(サーバー、ネットワーク機器の台数・構成など、可能な範囲で)
    • 検証期間
    • 検証の所感(感じた利便性や不足点、機能的な疑問など)

     

     

     

    ◆ SolarWinds製品のご紹介 ◆

     

    ▼主な製品機能▼

    ネットワーク管理

    ネットワークパフォーマンス管理・障害検知

    トラフィック監視・分析

    IPアドレス、DHCP、DNS管理・監視

    コンフィグ管理・コンプライアンス管理

    ネットワークトポロジーマップ作成 など

    スクリーンショット 2015-02-09 19.07.58.png

    システム管理

    サーバー、アプリケーション、OS監視

    統合仮想化環境管理・分析・スプロール制御

    ストレージパフォーマンス・キャパシティ管理

    ウェブサイト・ウェブアプリ監視

    シスログメッセージ管理 など

    スクリーンショット 2015-02-09 19.09.56.png

    セキュリティ・イベント・データベース管理

    ログ収集、分析、リアルタイムイベント相関分析

    ファイアウォールセキュリティ管理

    データベースパフォーマンス管理 など

    スクリーンショット 2015-02-09 19.10.49.png

     

    スモールスタート可能!50ノードから10万ノード以上まで対応する高いスケーラビリティ。

    システム構成の変化に合わせて、機能別製品を随時。

     

     

    ▼こんな課題に効く!▼

     

    • 複数の専用管理ツールからの情報を、頭のなかでまとめている
    • アプリケーションレベルの事象が、システム全体にどう影響するかわからない
    • 仮想化環境での問題と、物理システムでの問題とを紐づけられない
    • ビジネスニーズに応じて構築・改変され続けるシステム、運用が追いつかない
    • 属人的な管理に頼りきり、人員の世代交代がすすまない

    個人の知識・経験・記憶にたよった管理からの脱却を実現します!

     

     

    ▼たとえばこんな使い方▼

    一元化さらたダッシュボードでシステム全体を管理・分析

    Orion ダッシュボードがこれまでバラバラだった管理レポートやアラートの形式を一元化。複雑なシステムを構成する各エレメントのつながりが相互に見通せるようになります。運用情報のとりまとめの労力を削減し、管理業務の高度化や、業務転換の促進にも役立ちます。

    スクリーンショット 2015-02-09 19.52.19.png

    アプリケーションレベルのパケット監視で、パフォーマンス問題を精緻に分析

    Network Performance Monitor のディープ・パケットインスペクションで、アプリケーションのパフォーマンス劣化や変化を瞬時に特定。問題を引き起こしたのがアプリケーションなのかネットワークなのかを判断できます。

    スクリーンショット 2015-02-09 19.58.03.png

    仮想化環境のパフォーマンス劣化から、物理環境の問題を追跡して特定

    Virtualization Manager で、複数ベンダーの仮想化インフラのパフォーマンス、構成、使用状況を一目で把握。さらに、Orion ダッシュボードから仮想化環境の情報と物理システム上の情報を連携させ、統合的に管理・分析できます。

    スクリーンショット 2015-02-09 19.59.22.png

     

    1. Amazon.co.jp は、本プロモーションのス ポンサーではありません。

    2. Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。